高校生おすすめ参考書・問題集|英語・数学・物理・化学・生物など

豊橋の個別指導型学習塾「とよはし練成塾」です。
高校生向けおすすめ参考書問題集です。
今回は生物基礎の「大学入試山川喜輝の生物基礎が面白いほどわかる本|カドカワ」を
紹介します。
またこの本を使った勉強法定期テスト・センター対策)についても紹介していきます。

 

教材名

 大学入試山川喜輝の生物基礎が面白いほどわかる本

 出版社

 KADOKAWA

 価格

 1300円+税

ページ数

 287ページ

対象者レベル 

 初学者(高1)から使える

 この本を一言でいうと

 コンパクトにまとめられており使いやすい。
 この本で「生物基礎」の独学が可能

 

 

1 著者の山川喜輝先生とは?

 

 著者の山川喜輝先生は東進ハイスクールの講師です。生物が苦手な受験生から医歯薬系・難関大学を目指す受験生まで、幅広い支持を集めています。

 

 

 

2 大学入試山川喜輝の生物基礎が面白いほどわかる本の内容は?

 

 この本は、初学者や文系で生物基礎を受験科目にする生徒にとって非常に使いやすい本です。(もちろん「生物」を選択している理系受験生も使えます。)

 

この本が使いやすい点を並べていくと、

 

@「なぜそうなるのか?」が詳しく書かれている
A 重要部分が赤字になっている
B 項目ごとに問題演習があり(少しひねった問題)、理解度を確認することができる
C 絵が豊富で分かりやすい

 

などです。

 

田部の生物基礎をはじめからていねいに」・「宇宙一わかりやすい高校生物(生物基礎)」と肩を並べるほどの良書だといえるでしょう。どちらを使うかは好みだと思いますので、使いやすいと思う本を使っていけばよいでしょう。

 

 さらに、本当に必要な部分を絞って書いてあり、初学者や文系の生徒でも十分に理解することができます。

 

 個人的には同様の参考書の中で一番良い本だと思います。本によっては「生物基礎」の内容をはるかに超えている難解な参考書もありますので、どの本を選べばよいか分からない人はこの本を選べば問題ありません。

 

 この本のデメリットをあえて一つだけ挙げるとすれば、「覚えやすさ」がないことです。ホルモンや免疫・バイオームなどたくさん覚えないといけない所があります。なかなか覚えにくい場合は、ネットで「免疫 語呂合わせ」というキーワードで検索すれば、語呂合わせが出てきますので、それで覚えていきましょう。

 

 

3 大学入試山川喜輝の生物基礎が面白いほどわかる本の使い方は?

 

 この本は参考書ですので、あくまで「理解」を助けるための本です。用語の暗記(一問一答)や問題演習などは別の問題集が必要になってきます。

 

 学校で「セミナー」などの問題集を使っている場合は、その問題集を解き進めていきましょう。その際に分からなくなったところを、この「山川喜輝の生物基礎が面白いほどわかる本」で解決していくのです。

 

 理解をした後に、もう一度同じ問題を解いてみましょう。それでできればOKです。さらに翌日にもう一度できなかった問題を解いてみて、きちんと覚えているかを確認していけばよいでしょう。

 

 なお、既卒生など「セミナー」を持っていない場合は、「リードライトノート生物基礎」(数研出版)が問題演習におすすめです。これを使って何度も繰り返し同じ問題を解いて
いきましょう。

 

 セミナーができれば、定期テストで高得点を取ることができます。そしてそれを繰り返していけば、センター試験対策もあまり時間をかけずに済みます。ですので日ごろからこつこつ問題を解くようにしましょう。

 

 

 

豊橋の個別指導型学習塾「とよはし練成塾」のトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

豊橋の個別指導型学習塾「とよはし練成塾」のトップページに戻る

 

 

 

 

大学入試山川喜輝の生物が面白いほどわかる本|KADOKAWA


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 授業方針 講師紹介 授業料・アクセス 無料体験 無料授業動画 勉強法・入試情報