【小論文対策】裁判員制度の問題点と対策【豊橋の学習塾】

【小論文対策】裁判員制度の問題点と対策【豊橋の学習塾】

高校生が模試で学年1位!


中学生前期内申全員アップ!



とよはし練成(れんせい)塾


TEL 0532-74-7739


14:00~22:00(日は除く)





裁判員制度

 

 

 豊橋市の個別指導型学習塾(小学生・中学生・高校生対象の個人塾)「とよはし練成塾」の西井です。

 

今回は「【小論文】社会科学系② 裁判員制度の問題点と対策」についてまとめてみました。

 

小論文を書く際の参考にしてください。

 

【動画】 「あなたも参加する刑事裁判~裁判員制度が始まります~」

 

 

 

【問題文】 

 

2 裁判員制度についてあなたの考えを述べなさい。 

 

 

 

①精神的負担を受けやすい

 

裁判員制度とは、選ばれた市民が刑事事件の裁判に参加し、判決内容を決める制度を言います。【定義】

 

そしてこの制度は市民の意見や感覚を裁判に取り入れることで、より公平な裁判ができるようにするために取り入れられました。【背景】

 

しかし、裁判員制度には問題点があります。その一つは、裁判の際に被害者の遺体写真などを見ることで、精神的なショックを受けやすいということです。【問題点】

 

その問題点を解決するには、衝撃的な写真について、写真ではなく代わりにイラストを使うことや、そのような写真を使うことを前もって予告をし、裁判員に心の準備をしてもらう時間を与えることなどをすべきだと思います。【解決策】

 

そうすることで裁判員の方は精神的なショックを受けずに裁判に臨むことができます。【効果】

 

 

 

②被告人やその関係者に恨まれる可能性がある

 

裁判員制度とは、選ばれた市民が刑事事件の裁判に参加し、判決内容を決める制度を言います。【定義】

 

そしてこの制度は市民の意見や感覚を裁判に取り入れることで、より公平な裁判ができるようにするために取り入れられました。【背景】

 

しかし、裁判員制度には問題点があります。その一つは、被告にとって不利な判決を出すと、後で逆恨みをされてしまう危険性があることです。【問題点】

 

その問題点を解決するには、別室からモニターを通じて行ったり、証言台の周囲についたてを置いたりして裁判員の顔が見えないようにするべきだと思います。【解決策】

 

そうすることで裁判員は安心して裁判に取り組むことができます。【効果】

 

 

 

③裁判員候補者の辞退率の上昇と出席率の低下

 

裁判員制度とは、選ばれた市民が刑事事件の裁判に参加し、判決内容を決める制度を言います。【定義】

 

そしてこの制度は市民の意見や感覚を裁判に取り入れることで、より公平な裁判ができるようにするために取り入れられました。【背景】

 

しかし、裁判員制度には問題点があります。その一つは、裁判所ごとにくじで選ばれた裁判員の候補者の辞退率が増えたり、出席率が減っているということです。【問題点】

 

その問題点を解決するには、裁判員を経験した人の話を聞く機会をつくることが必要だと思います。【解決策】

 

そうすることで裁判員になることの不安やためらいを少なくすることができ、出席率の向上につながることになります。【効果】

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

 

 



とよはし練成(れんせい)塾

【対象学年】

小5・小6・中学生・高校生対象の個別指導塾

*英語・数学をはじめ全教科対応!

【住所】 

愛知県豊橋市曙町字南松原160

曙ヒルトンハイツB棟106

(南消防署、マツヤデンキさんの近く)

【電話】

0532-74-7739

受付時間13:00~22:00(日曜休み)



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ コース紹介 講師紹介 無料体験 料金・アクセス 授業動画 塾ブログ