大学入試共通テスト国数3題ずつ記述式【豊橋の学習塾】

大学入試共通テスト国数3題ずつ記述式【豊橋の学習塾】

インターネットでの

お問い合わせ

お電話からの

お問い合わせ

教室の場所

「無料体験授業」

随時実施中!

 


営業日 月~土 14:00~22:00


0532-74-7739

 

大学入試共通テスト、国数3題ずつ記述式(18年6月19日)

 

1 記事のまとめ

 

 中日新聞によると、大学入試センターは2020年度から始まる大学入試共通テストの
記述式の出題方法について明らかにしました。

 

 国語数学ⅠAで新たに導入される記述式問題は、小問を3題ずつ出題されます。
現行の学習指導要領と範囲が変わらないため、浪人生も同じ内容で受験することになり
ます。

 

 各科目の詳しい内容は以下の通りです。

 

国語

・評論や説明文などが題材
・20~30字、40~50字、80~120字程度をそれぞれ1題ずつ
出題
・解答時間は80分から100分へ
・点数は5段階評価で決まる
*80~120字程度を記述する問題は1.5倍の評価となる
 

数学ⅠA

・数式や問題解決のための方法を記すように求める
・段階別評価ではなく配点が行われる
・解答時間は60分から70分へ 
 

 

 

2 記述式に向けてやることは?

 

 大学入試センターは、「日常生活の中から課題を発見し解決方法を考えたり、資料や
データをもとに考察する力を重視する」としています。

 

 ですので単純に「記述力」があればいいというものではありません。

 

 高校生の多くは進研模試や全統模試などで記述模試を受験していると思いますが、
今受けているものと違ったタイプの記述問題が出題されることが予想されます。

 

 もちろん、各予備校は「共通テスト」に向けた模試を作ってくるでしょうし、参考書
や問題集も新試験に対応したものが今後発売されることでしょう。

 

 ただ、この記述力は少し対策をしたところで身に付くものではありません。
普段から本(評論系)を読む、自分の言葉でまとめる、論理的に考える習慣をつける
などの訓練が必要になってきます。

 

 つまり、文系の「書く力」と理系の「論理力(筋道を立てて考える力)」が必要
なのです。

 

 

 

とよはし練成(れんせい)塾

 
【対象学年】小5・小6・中学生・高校生・浪人生対象の個別指導塾
                *英語・数学をはじめ全教科対応しています!
 
【住所】 愛知県豊橋市曙町字南松原160 曙ヒルトンハイツB棟106
        (南消防署、マツヤデンキさんの近くです)
 
【電話】 0532-74-7739 受付時間13:00~22:00(日曜休み)
 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 授業方針 コース紹介 講師紹介 無料体験授業 料金・アクセス 授業動画