名市大2019年度から地元高に推薦枠【豊橋の学習塾】

名市大2019年度から地元高に推薦枠【豊橋の学習塾】

インターネットでの

お問い合わせ

お電話からの

お問い合わせ

教室の場所

「無料体験授業」

随時実施中!

 


営業日 月~土 14:00~22:00


0532-74-7739

 

名市大2019年度から地元高に推薦枠(18年6月13日)

 

 

1 記事のまとめ

 

 中日新聞によると、名古屋市立大学は2019年から総合生命理学部の入試で、市立
向陽高校国際科学科の在校生限定の指定校推薦枠を新設すると発表しました。

 

 名古屋では成績の良い生徒が関東や関西の大学に行くことが多く、地元への定着が
課題とされています。名市大は地元高に対し推薦枠を設けることで、研究開発で活躍
する人材を確保したいと考えています。

 

 推薦枠への受験条件としては、
①向陽高校の国際科学科に在籍している生徒
②夏休みに大学で開かれる研究体験の参加

 

となっており、センター試験+面接の結果で合否が決まります。

 

 なお、今回は向陽高校の国際科学科のみですが、今後結果を見て、他の市立高校にも
推薦枠を広げる可能性があるそうです。

 

 

2 名古屋の市立高校はいくつあるのか?

 

 記事を読むと、名古屋市の市立高校に在籍する生徒は今後推薦枠が広がる可能性が
あることが読み取れます。

 

 これは名古屋市立大学と名古屋の市立高校がともに「名古屋市」の管轄であるために、
高校と大学で連携がとりやすいからだと思います。

 

 そう考えると、愛知県立大が愛知県の県立高校向けに推薦枠を設けることも今後
考えられます。

 

 話は戻りますが、現在名古屋市には12の市立高校があります。

 

 それは、
 菊里高校、北高校、西陵高校、向陽高校、桜台高校、名古屋商業高校
 冨田高校、名古屋工業高校、名古屋工芸高校、緑高校、名東高校、山田高校
です。

 

 そのうち今後名市大の推薦枠が与えられそうな高校は、菊里高校と名東高校です。
 これらの高校に通う生徒さんは、今後名市大受験が有利になっていくでしょう。

 

 

 

とよはし練成(れんせい)塾

   小5・小6・中学生・高校生・浪人生対象の個別指導塾
 英語・数学をはじめ全教科対応しています!   

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 授業方針 コース紹介 講師紹介 無料体験授業 料金・アクセス 授業動画