大学入試古文の勉強法(全体)【豊橋の学習塾】

大学入試古文の勉強法(全体)【豊橋の学習塾】

インターネットでの

お問い合わせ

お電話からの

お問い合わせ

教室の場所

「無料体験授業」

随時実施中!

 


営業日 月~土 14:00~22:00


0532-74-7739

 

 

 

 

豊橋市の個別指導型学習塾(小学生・中学生・高校生・浪人生対象の個人塾)
「とよはし練成塾」の西井です。
今回は「大学受験国語古文の勉強法」についてみていきます。

 

 

1 古文ができない理由は?

 

 古文が苦手な人が多いです。
「活用表が覚えられない」
「文章を読んでも何を言っているのかが分からない」
こういった悩みを持っている人が多くいます。

 

 では古文が苦手になる原因は何でしょうか?
 その理由は3つあります。

 

①知識の不足
「古文単語」・「古典文法」・「古文常識」、この3つがないと文章の理解度は高まり
ません。これは英語と同じように考えてください。英語でも英単語・英熟語・英文法・
英文解釈の知識がないとスラスラと読むことができません。

 

 ですので、古文の勉強の第一歩としては、これらの知識をマスターするところから
始めていきましょう。

 

 

②文章に慣れていない
 古文は昔の日本の文章ですので、今の文章(現代文)とは異なる部分もあります。
つまり、古文は「外国語」に近いものです。そのため数多くの文章を音読して古文特有
のリズムに慣れる必要があります。

 

 たくさん文章を読むことで、古文の話のパターンをつかむこともできます。恋愛・
仏教・平安時代の人々の考えなどを「多読」してつかんでいきましょう。

 

 

③古文読解の解き方を知らない
 最後に「読解」法です。古文が難しい最大の理由は、「省略」が多いからです。
主語、「 」(会話部分)が当たり前のように省略されているため、

 

「この動作は誰がやっているのか?」
「この会話は誰が話しているのか?」
がつかみにくくなってきます。

 

 最後の仕上げとして「読解対策の」参考書を読み進める必要があります。

 

 

2 古文ができるようになる勉強法は?

 

 古文ができない原因がわかったところで、どのような勉強をしていけばいいかを
具体的に書いていきます。

 

①古文単語
 
 英単語に比べ古文単語は数が圧倒的に少ないです。
(センターレベルで300、二次レベルで600語前後。)
 しかし、一つの単語で複数の意味を持つものが多いため、実際はもう少し覚えるべき
数は多いと思っていた方がよいでしょう。
 
 1日50語~100語を目標に1~2週間でマスターしましょう。

 

【おすすめ教材】
「センターに出る古文単語150」
「読んで見て覚える重要古文単語315」

 

 

②古典文法
 
 特に重要なのは、
①動詞・助動詞の活用形
②助動詞・助詞の意味
③敬語の種類と意味
 です。活用形は声に出してスラスラ言えるように練習しましょう。
 また、敬語の意味をしっかりと覚えておくことで、主語の判別がしやすくなります。

 

【おすすめ教材】
「古典文法マスタードリル」

 

 

③古文常識

 

 今と昔では、考え方や生活習慣が大きく異なります。そのため当時(特に平安時代)の
風習などを知識として頭に入れておくことで、文章の理解度が格段に上がります。古文
常識の本をさっと読んでおきましょう。

 

【おすすめ教材】
「読んで見て覚える古文攻略マストアイテム76」

 

 

④音読

 

 英語と同じように古文も数多くの文章を読むことで力がつきます。以下の順番で読んで
いくとよいでしょう。
 ①現代語訳を一通り読む
 ②点「、」ごとに古文と現代語訳を照らし合わせて読む(2回)
 *重要単語の意味や文法の識別などはここで確認しておく
 ③ストップウォッチを使い、古文をリズムよく読む

 

 1つの文章を10~15回読むことで、古文のエキスを吸収することができます。

 

【おすすめ教材】
「教科書ガイド」
「古文上達読解と演習45」
「古文読解ゴロゴ」

 

 

⑤読解用参考書

 

 単語・文法・常識の「知識」と、音読をすれば古文の土台は十分にあります。最後の
仕上げとして読解用参考書を使って、古文の読み方をつかんでいきます。ここでは、主語の省略、会話文の見極めなどをマスターしていきます。

 

【おすすめ教材】
「富井の古文読解をはじめからていねいに」

 

 

とよはし練成(れんせい)塾

   小5・小6・中学生・高校生・浪人生対象の個別指導塾
 英語・数学をはじめ全教科対応しています!   

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 授業方針 コース紹介 講師紹介 無料体験授業 料金・アクセス 授業動画