センター試験英語第3~6問(読解)対策【豊橋の学習塾】

センター試験英語第3~6問(読解)対策【豊橋の学習塾】

国語力を鍛え他教科の力も高める塾



とよはし練成(れんせい)塾


TEL 0532-74-7739


14:00~22:00(日は除く)





センター試験英語第3~6問(読解)対策 

 

 

 

1 センター試験英語(第3~6問)はどのような問題が出る?

 

センター試験の英語(筆記)は、大きく知識問題と読解問題に分かれます。

 

細かく見ていくと、
・第1問(発音・アクセント)
・第2問(文法・語法)
・第3問~第6問(読解問題)
となっており、第3~6問の知識問題で全体の(200点満点中140点)の点数
となっています。

 

そして読解問題についてもう少し細かくみていくと、

 

第3問A 不要な文の選択(各5点×3)

 

小問3問でそれぞれ文中の不要な文を指摘する問題が出題された。
文章全体のテーマを読み取り、何が不要な文章かを読み取る力が必要である。

 

・第3問B 意見内容の要約(各6点×3)

 

それぞれの人がどのような立場で意見を述べているかをつかむ。
意見の共通点や相違点などを頭の中で整理しながら読んでいくと良い。
2018年度は「映像制作の課題についての話し合い」について出題された。
*身近な話題を知っておくと有利なので、日ごろからテレビや新聞のニュースに
目を通しておくと良い。

 

・第4問A 図表を使った説明文読解(各5点×4)

 

本文の情報を元にグラフや図の内容を読み取る問題。
2018年度は「色が消費者に及ぼす影響」について出題された。

 

 

・第4問B 説明文書などの読み取り(各5点×4)
 
先に問題文を読み、パンフレットのどの部分に力を入れて読めばいいかをつかむ。
計算問題(割引問題)が出ることもある。
2018年度は「パパベアー料理学校」について出題された。

 

 

・第5問   小説・物語文の読解(各6点×5)

 

2016年度から物語文が出題されるようになった。
国語と同様、主観的に読んでしまうと間違ってしまう可能性が高まるため、
客観的に読むように心がける。
そのためにも本文に書いてある情報をしっかりとまとめておくことが必要。
2018年度は「生物の存在する惑星を探索する惑星探査隊」について出題された。

 

 

・第6問   長文読解問題(各6点×6)

 

A問題(英問英答)とB問題(パラグラフの内容選択)に分かれる。
語数は700語程度で15~20分で解き切ることが望ましい。

 

先に問題文を読んでおくと、どこに力を入れて読めばいいかが分かる。
また本文を読む際は、各段落のつながりを意識して読むこと。
2018年度は「科学技術の発達による人間の考え方の変化」について出題された。

 

 

2 読解問題の難易度とかける時間は?

 

読解問題の難易度は標準となっています。

 

ただ、語数が多く時間が足りなくなる可能性が高くなるため、素早く読む力がないと
時間内に解き切ることは難しいです。

 

また、大問ごとの解答時間は、
第3問 12分
第4問 15分
第5問 15分
第6問 20分

 

となっています。

 

 

3 読解問題の対策・勉強法

 

最後に読解問題の対策です。

 

センター試験では「速読力」が求められます。
これは、長い文章を短い時間で読み切る力のことです。

 

そして速読力を身につけるために必要なことは2つあります。
それは「知識」と「音読」です。
以下順番に見ていきます。

 

①知識の定着
英単語・英熟語・英文法・英文解釈のことです。
これらの知識がないと文章を正確に読むことができません。
時間はかかりますが、確実に覚えるようにしましょう。

 

なお、おすすめの参考書・問題集を紹介します。
英単語 「英単語FORMULA1700
英熟語 「英熟語FORMULA1000
英文法 「英文法レベル別問題集③
英文解釈「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく

 

これらを早い時期に習得し、次の音読につなげていきましょう。

 

 

②音読
英単語の暗記などをした後は、音読練習に入っていきます。
音読を繰り返すことで、英文を「前から読む」ことができ、英文読解のスピードが
格段に上がります。
同じ文章を何度も声に出して読み、読む速さを上げていきましょう。

 

おすすめ教材
大学入試英語長文ハイパートレーニング1
大学入試英語長文ハイパートレーニング2

 

 

③センター対策教材
最後に仕上げとしてセンター試験用の対策問題集を使います。
特に第3問・第4問はセンター試験独特の問題であるため、しっかりと演習を
しておく必要があります。

 

また第6問は語数が多いため、慣れていないと時間を大幅に使ってしまうことに
なりかねません。

 

そのため普段から15~20分で解けるように練習をしていきましょう。
目安としては30題前後の問題を解くと良いでしょう。

 

過去問や予想問題集、センター試験対策参考書などを使って演習をしていきましょう。

 

 



とよはし練成(れんせい)塾

【対象学年】

小5・小6・中学生・高校生対象の個別指導塾

*英語・数学をはじめ全教科対応!

【住所】 

愛知県豊橋市曙町字南松原160

曙ヒルトンハイツB棟106

(南消防署、マツヤデンキさんの近く)

【電話】

0532-74-7739

受付時間13:00~22:00(日曜休み)



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ コース紹介 講師紹介 無料体験 料金・アクセス 授業動画 塾ブログ