国語が苦手な中学生へおすすめの勉強法は?【豊橋の学習塾】

国語が苦手な中学生へおすすめの勉強法は?【豊橋の学習塾】

高校生が模試で学年1位!


中学生前期内申全員アップ!



とよはし練成(れんせい)塾


TEL 0532-74-7739


14:00~22:00(日は除く)





国語が苦手な中学生へおすすめの勉強法は?

 

 豊橋市の個別指導型学習塾「とよはし練成塾」の西井です。 当塾は中学生の英語・数学・国語の定期テスト、高校受験対策に評判のある個人塾です。

 

 今回は「国語が苦手な中学生へおすすめの勉強法は?」についてみていきます。

 

 

 

勉強法・入試情報・授業動画満載!

 

チャンネル登録はこちら!

 

 

1 国語が苦手になる原因は?

 

 「国語が苦手・・・」という人は多いです。実は私も学生時代国語は一番の苦手科目でした。その理由を自分なりに考えて見ると、

 

・どんな勉強をすればいいかが分からない

 

→英語や数学などは知識を身につけて問題を解けばできるようになっていきます。しかし、国語の場合は漢字や文法の知識をつければ読解問題ができるかというとそうではありません。そこで何をしたらいいか行き詰ってしまうわけです。

 

 

・長文を読むのが苦手

 

→国語の問題の中心は長文読解です。ですので長文を読むことや解くことに苦手意識があると点に結びつくことができません。またどうやって読んだらいいのかやどうやって解けばいいのかが分からないことも原因としてはあるでしょう。

 

などがあると思います。ですので苦手意識をなくすには長文読解にどう取り組んでいくかがポイントになります。

 

 

2 長文読解ができるための勉強法は?

 

 長文読解ができるようになるには以下のポイントがあります。

 

①漢字・語句の意味を覚える

 

→漢字や語句(四字熟語・ことわざなど)の読みや意味が分からなければ文章を正しく読むことができません。そのため文章を読む際に意味の分からない言葉が出てきた場合は、必ず辞書を使って調べるようにしましょう。

 

 

②文章を音読する

 

→次にすることは文章の音読です。音読をする目的は、①長い文章を読むことに慣れる、②飛ばし読みを防ぐことにあります。長文読解が苦手な人はそもそも「文章をきちんと読んでいない」可能性が高いです。ですので、文章を声に出して読むことできちんと読む習慣をつけていきます。

 

 また使う教材は教科書で十分です。最初に教科書の内容を一通り音読し、その後は問題集の本文などを読んでいけばよいでしょう。

 

 

③要約をする

 

→音読で文章を読むことに慣れたら次は要約練習に入っていきます。要約をする目的は「筆者の主張をつかむ」ことです。特に説明文は筆者の言いたいことは何かが分かるかどうかで文章全体の理解度が変わってきます。ですので本文の中で筆者が特に言いたいことに線を引き、それらをまとめていく練習をしていけばいいでしょう。

 

 

④問題演習

 

→最後に問題演習です。ここまでできている人は文章の意味自体は理解できる力はついています。後は実際の問題を解いて「解答力」をつけていきます。問題を解くのに意識してほしいことは、

 

・先に問題文を読む

 

・解答の根拠となる部分を本文中から探す

 

ことです。先に問題文を読むことで、何を意識して読めばいいかがわかりますのでメリハリをつけて文章を読むことができます。

 

 また、長文読解とは「筆者の言いたいことを本文中から探し読み解く」ことです。つまり読者の意見や感覚で解いてはいけないのです。あくまで「筆者の立場」で考えることが必要になります。そのため、本文中からその根拠となる部分を探し出すことを意識して問題を解くようにしましょう。

 

 時間はかかりますが、これらのことを行っていけば必ず国語はできるようになります。

 

 

とよはし練成塾では、お子様の学力に合わせた指導を行っています。英語・数学・国語が得意なお子様には予習を進めていき、苦手なお子様には前の学年に戻って復習をすることで力をつけていく指導をしています。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 



とよはし練成(れんせい)塾

【対象学年】

小5・小6・中学生・高校生対象の個別指導塾

*英語・数学をはじめ全教科対応!

【住所】 

愛知県豊橋市曙町字南松原160

曙ヒルトンハイツB棟106

(南消防署、マツヤデンキさんの近く)

【電話】

0532-74-7739

受付時間13:00~22:00(日曜休み)



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ コース紹介 講師紹介 無料体験 料金・アクセス 授業動画 塾ブログ