読解が苦手な中学生のためのおすすめ勉強法は?【豊橋の学習塾】

読解が苦手な中学生のためのおすすめ勉強法は?【豊橋の学習塾】

高校生が模試で学年1位!


中学生前期内申全員アップ!



とよはし練成(れんせい)塾


TEL 0532-74-7739


14:00~22:00(日は除く)





読解が苦手な中学生のためのおすすめ勉強法は?

 

 豊橋市の個別指導型学習塾「とよはし練成塾」の西井です。 当塾は中学生の英語・数学・国語の定期テスト、高校受験対策に評判のある個人塾です。

 

 今回は「読解が苦手な中学生のためのおすすめ勉強法は?」についてみていきます。

 

 

 

勉強法・入試情報・授業動画満載!

 

チャンネル登録はこちら!

 

 

1 読解力をつけるには?

 

「国語の読解は苦手だけどどうやって勉強したらいいかが分からない・・・」 このようなお悩みを持っている方は多いかと思います。確かに国語は他の教科とは違い、知識をつければできるという教科ではありません。

 

 では国語ができるようになるには何をしたらよいでしょうか? それは読解力をつけることです。読解力とは、「筆者の言いたいことを読み解く力」のことをいいます。つまり本文の中で筆者の主張をつかみとっていく力が国語の成績アップには必要なのです。

 

そして読解力をつけるには、以下のことが必要になってきます。

 

①漢字・語句の読みと意味

 

→最初にやるべきことは知識をつけることです。漢字や語句の読み方や意味が分からないと、文章を読んでいても途中で詰まってしまいます。そこで漢字ドリルを使って漢字の読みや意味を覚えていきましょう。

 

 また文章を読み際には近くに辞書を置いておき、分からない言葉が出てきたらその都度辞書を使ってその意味を調べるようにしましょう。

 

 

②文章を何回も読む

 

→文章は何度も声に出して読みましょう。音読をすることでいわゆる「飛ばし読み」を避けることができます。読解が苦手な人の多くは、実は文章を「きちんと読んでいない」ことが原因にあります。そのために声を出して読み、一文一文噛みしめながら読むようにしましょう。

 

 

③本文を要約する

 

→説明文では特に筆者の主張をつかむことができるかどうかで、本文の理解度が変わっていきます。そしてその主張をつかむためのうってつけの練習法が「要約」です。みなさんが読んだ文章を100~200字以内にまとめることで、「要するにこの文はこういうことが言いたいんだ」ということが分かってきます。

 

 

④解答の根拠となる部分を本文中から見つける

 

 

 上の①~④をしっかりと身につけ、読解力を向上していきましょう。

 

 

2 読解とは筆者の主張を本文中から探すことです!

 

 上の①~③を行うことで、読解の土台は固まってきます。しかし、一番大事なのは④の解答の根拠を本文中から見つける力をつけることです。国語が苦手な人の場合、答えを選ぶ際に「自分の意見・感覚」をもとに答えを選んでしまっています。

 

 しかし、さっきも言ったように「読解力」とは、「筆者の主張を読み解く力」なのです。つまり、答えは本文中にあるのです。そのため、例えば選択問題で「エ」の選択肢を選んだ時に、「本文のここにエと同じようなことが書いてあるから、僕はエを選んだ」と言えるようにしなければ、いつまでたっても読解力はつかないのです。

 

 塾で国語の授業を行っているときには、必ずなぜこの答えを選んだのかを聞くようにしています。そのときに「直感で」とか「何となく」と答えた場合は、再度根拠となる部分を探すようにさせています。これを続けていくことで力がつくと思ってやっているからです。

 

 みなさんも筆者の主張を探し出す力をつけていきましょう。そうすることで必ず国語の問題ができるようになりますよ。

 

 

とよはし練成塾では、お子様の学力に合わせた指導を行っています。英語・数学・国語が得意なお子様には予習を進めていき、苦手なお子様には前の学年に戻って復習をすることで力をつけていく指導をしています。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 



とよはし練成(れんせい)塾

【対象学年】

小5・小6・中学生・高校生対象の個別指導塾

*英語・数学をはじめ全教科対応!

【住所】 

愛知県豊橋市曙町字南松原160

曙ヒルトンハイツB棟106

(南消防署、マツヤデンキさんの近く)

【電話】

0532-74-7739

受付時間13:00~22:00(日曜休み)



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ コース紹介 講師紹介 無料体験 料金・アクセス 授業動画 塾ブログ