中学生は国語の文章を要約すると読解力がつく!【豊橋の学習塾】

中学生は国語の文章を要約すると読解力がつく!【豊橋の学習塾】

高校生が模試で学年1位!


中学生前期内申全員アップ!



とよはし練成(れんせい)塾


TEL 0532-74-7739


14:00~22:00(日は除く)





中学生は国語の文章をたくさん要約しよう!

 

 豊橋市の個別指導型学習塾「とよはし練成塾」の西井です。 当塾は中学生の英語・数学・国語の定期テスト、高校受験対策に評判のある個人塾です。

 

 今回は「中学生は国語の文章をたくさん要約しよう!」についてみていきます。

 

 

 

勉強法・入試情報・授業動画満載!

 

チャンネル登録はこちら!

 

 

1 要約をすると読解力がつきます

 

 「国語の読解が苦手だなあ。」と思う人は多くいます。国語の読解ができるようになるには「本を読みなさい」「新聞の社説を読みなさい」「漢字や言葉を覚えなさい」など様々なアドバイスがあります。これらはどれも間違っていませんが、あまりにも時間がかかる方法です。

 

 より短い期間で読解力をつける方法は「要約」することです。要約とは「要するにその文章で筆者が何が言いたいのかを読み取る」ことです。文章の要約を繰り返すことで筆者の主張を的確にかつ短い時間でつかむことができるようになります。なお文章は小説文ではなく説明文を使っていくとよいでしょう。説明文の方が普段読み慣れていないため、硬い文章に慣れるという意味でもぜひたくさんの説明文を要約していきましょう。

 

 また要約をすることで文章をきちんと読むようになります。実は読解が苦手という人の多くは、「文章をきちんと読んでいない」から文章が読めないというのが原因にあります。逆に言えば要約を通じて文章をきちんと読めば読解力がついてくるのです。

 

 さらに要約することで文章力がついていきます。長い文章を短い言葉でまとめるわけですから、そこには文章力が問われます。不要な言葉を削ることや接続語や指示語をうまく使うことなどが必要になってきますので、要約を続けることでそのような力もついてきます。

 

 このように要約はメリットが多いですので、ぜひ始めてみてください。

 

 

2 効果的な要約の仕方は?

 

 次に効果的な要約のやり方についてみていきます。

 

①文章を一回黙読する

 

→文章全体の内容をつかみます。飛ばし読みはしないでください。

 

 

②筆者の一番言いたい一文に線を引く

 

→この一文が要約する際にメインとなる文章となります。

 

 

③次に大事な文章を2~3文引く

 

→②だけでは字数が足りませんので、一番大事な文を補うための文章を2~3文加えます。

 

 

④上の③でできた文をくっつける

 

→接続語・指示語に注意し、いらない言葉は削っていきます。

 

 

⑤原稿用紙に書いてまとめる(200字程度)

 

→学校の先生や塾の先生などに必ず添削してもらってください。そうすることでどこがいいのか、よくないのかがわかります。

 

 

とよはし練成塾では、お子様の学力に合わせた指導を行っています。英語・数学・国語が得意なお子様には予習を進めていき、苦手なお子様には前の学年に戻って復習をすることで力をつけていく指導をしています。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 



とよはし練成(れんせい)塾

【対象学年】

小5・小6・中学生・高校生対象の個別指導塾

*英語・数学をはじめ全教科対応!

【住所】 

愛知県豊橋市曙町字南松原160

曙ヒルトンハイツB棟106

(南消防署、マツヤデンキさんの近く)

【電話】

0532-74-7739

受付時間13:00~22:00(日曜休み)



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ コース紹介 講師紹介 無料体験 料金・アクセス 授業動画 塾ブログ