高校入試の数学の対策と勉強法は?【豊橋の学習塾】

高校入試の数学の対策と勉強法は?【豊橋の学習塾】

高校生が模試で学年1位!


中学生前期内申全員アップ!



とよはし練成(れんせい)塾


TEL 0532-74-7739


14:00~22:00(日は除く)





高校入試数学の勉強法は?

 

 豊橋市の個別指導型学習塾「とよはし練成塾」の西井です。 当塾は中学生の英語・数学・国語の定期テスト、高校受験対策に評判のある個人塾です。

 

 今回は「高校入試数学の勉強法は?」についてみていきます。

 

 

勉強法・入試情報・授業動画満載!

 

チャンネル登録はこちら!

 

 

1 高校入試の数学の出題内容は?

 

 

 

 高校入試の数学はどのような内容が出題されるのでしょうか?

 

【出題範囲】

 

 中1~中3の全ての内容です。計算・文章題・関数・グラフなどが満遍なく出題されます。

 

 

【難易度】

 

 前半は基本的な問題が多いですが、後半になるにつれて難易度が上がっていきます。ただ、後半の関数・図形の問題でも易しい問題はあるため、そこはしっかりとできるようにしましょう。

 

 

【解答時間】

 

 時間内に解き切るのが難しい教科です。時計をこまめに見ながら残り時間と相談して解いていく必要があります。また易しい問題と難しい問題の見極めができるかどうかもポイントです。

 

定期テストと高校入試では出題形式や勉強方法が大きく異なるため、その点は注意してください。

 

 

2 高校入試数学の効果的な勉強法は?

 

 

 

 次に高校入試(数学)に向けてどのような勉強をしていけばいいかについて書いていきます。

 

①計算

 

最初にやるべきことは計算です。中1~中3までの間に、

 

・正負の数

 

・文字式

 

・方程式(一次・連立・二次)

 

・因数分解

 

・平方根

 

と様々な計算を学んでいます。ですので、ここで今まで習った計算をもう一度解き直してみましょう。その中で計算のやり方を忘れてしまいがちなのは、「連立方程式」「平方根」「因数分解」といった単元です。1回解いて終わりではなく、定期的に解いていき、解き方を忘れないようにしましょう。

 

 また計算問題を解く際には、ストップウォッチを使って時間を計ることをオススメします。こうすることでより本番に近い形で問題を解くことができます。目安は7~8問の計算を5分程度(もちろん全問正解しましょう)で解くようにして下さい。

 

 

②小問対策

 

 計算ができるようになった後は小問対策です。ここでは文章題・確率・図形・関数の基礎を復習します。参考書や問題集を使って、公式や定義、解き方などをおさらいしましょう。そして忘れてしまっているものに関しては何度も復習をして確実にできるようにして下さい。

 

 なおおすすめの問題集としては、「中学数学の解き方をひとつひとつわかりやすく」(学研)があります。この本は中学数学の基本的な問題の解き方を1冊にまとめてあり、コンパクトな構成となっています。ここに出てくる問題を完璧にすると、入試問題でも6割程度取る力がついてくるでしょう。

 

 

③過去問演習

 

 基礎を仕上げたあとは過去問演習です。ここでは、必ず時間を計って解くようにして下さい。また他の注意点は、

 

・難問にもチャレンジする(簡単にあきらめない)

 

・関数や図形問題(証明)は必ず図やグラフを書く

 

・時間配分を意識する(計算●分、図形●分など)

 

といったところがあります。過去問を解けば解くほど力はついていきます。みなさんの住む都道府県の過去問を解き終えた後は、「全国高校入試問題正解」を使って、他の都道府県の問題にもチャレンジしてみましょう。

 

 

3 とよはし練成塾での取り組みは?

 

 最後にとよはし練成塾での取り組みについて紹介します。

 

【基礎固め時期】 中3の10月まで

 

「中学数学の解き方をひとつひとつわかりやすく」を使って、中学数学の総復習をします。まずは一通り解き、できなかった問題には〇をつけます。その後解説を読み、解き方を確認します。(解説を読んでも分からない場合は講師が解説をします。)

 

 その後、時間を空けてできなかった問題を再度解き直します。これを全ての問題ができるようになるまで何度も繰り返します。

 

 なお、生徒のレベルによって難易度★★★(一番難しいレベル)はやらないこともあります。

 

 

【過去問演習】 入試当日まで

 

「全国高校入試問題正解」を使って、北海道から沖縄までの問題を解いていきます。しかし最初から全ての問題を解くのではなく、初めのうちは第1問・第2問(基本問題)を中心に解いていきます。実際の入試問題では、計算・確率・図形・関数が満遍なく出題されます。そうなると問題を解くには「瞬発力」が必要になってきます。つまり、

 

「この問題は因数分解だな」

 

「この問題は三平方の定理を使うんだな」

 

といった見極めが必要になってくるわけです。そして問題を解き終えた後、できなかった問題に〇をつけ解説を読みます。そして数日後に再度できなかった問題を解き直していき、力をつけていくようにしています。

 

 

とよはし練成塾では、お子様の学力に合わせた指導を行っています。英語・数学・国語が得意なお子様には予習を進めていき、苦手なお子様には前の学年に戻って復習をすることで力をつけていく指導をしています。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 



とよはし練成(れんせい)塾

【対象学年】

小5・小6・中学生・高校生対象の個別指導塾

*英語・数学をはじめ全教科対応!

【住所】 

愛知県豊橋市曙町字南松原160

曙ヒルトンハイツB棟106

(南消防署、マツヤデンキさんの近く)

【電話】

0532-74-7739

受付時間13:00~22:00(日曜休み)



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ コース紹介 講師紹介 無料体験 料金・アクセス 授業動画 塾ブログ