中学生で数学が苦手になる原因と勉強法は?【豊橋の学習塾】

中学生で数学が苦手になる原因と勉強法は?【豊橋の学習塾】

高校生が模試で学年1位!


中学生前期内申全員アップ!



とよはし練成(れんせい)塾


TEL 0532-74-7739


14:00~22:00(日は除く)





中学生で数学が苦手になる原因と勉強法は?

 

 豊橋市の個別指導型学習塾「とよはし練成塾」の西井です。 当塾は中学生の英語・数学・国語の定期テスト、高校受験対策に評判のある個人塾です。

 

 今回は「中学生で数学が苦手になる原因と勉強法は?」についてみていきます。

 

 

勉強法・入試情報・授業動画満載!

 

チャンネル登録はこちら!

 

 

1 数学が苦手になってしまう原因は?

 

「数学が苦手・・・」

 

 このような悩みを持ってしまう人は実は多くいます。ではどうして数学が苦手になってしまうのでしょうか?その理由としては、

 

①意味を理解していない

 

→「合同とは?」「関数とは?」「因数分解とは?」こういった定義をよく知らないままでいると、何を解けばいいのかやどうしたらいいのかがわからずに、そして数学が苦手になってしまいがちです。

 

 

②繰り返し練習をしていない

 

→言い換えれば「練習不足」です。学校や塾の授業を聞いて「分かった」気持ちになりますが、その後家で復習をしないと「できない」状況になってしまいます。「できる」ところまで仕上げることが勉強の本質です。

 

 

③積み重ねができていない(基礎がおろそか)

 

→日ごろから学習習慣がなく、定期テストの勉強などを一夜漬けでしのいでいる場合に見られます。数学は積み重ねの教科ですので、定期的に復習をしておかなければ内容を忘れてしまいます。

 

 また今習っている内容が前の学年に関連するものが多いため、そこで知識があいまいだと今習っている内容も分かりにくくなってします。例としては、中3の二次関数が分からない場合、中2の一次関数か中1の比例・反比例が分かっていない場合があるということです。

 

 

④分からないところがあるとすぐに思考放棄をする

 

→分からない問題に出くわしたときにすぐにあきらめてしまう生徒がいます。これが続くとやがて「考える」習慣がなくなってしまいます。分からない問題が出てきても問題文を読み返し、図や表にして表すなどの粘り強さを持つことが大切です。

 

 

2 数学が得意になるための勉強法は?

 

 次に数学に対する苦手意識をなくすためにどのような勉強をしていけばいいかについてまとめました。

 

①まずは計算から

 

→数学には計算・文章題・関数・図形といった単元がありますが、その中で計算は全ての単元の土台となる部分です。そのためまずは計算練習から行っていくと良いでしょう。解いていく中で計算のやり方が分からない場合は、参考書やYouTube授業動画を見たり、学校の先生に聞くなどをして理解するようにしましょう。また時間を空けて解くと、解き方を忘れてしまいますので、毎日10分程度でもいいので解くようにしましょう。

 

 

②前の学年に戻る

 

→みなさんが苦手だと思う単元があれば、前の学年の内容に戻って復習をしていきましょう。前の学年に戻ることでつまづいている原因を見つけることができます。そして学年ごとの関係性を見ると、

 

【計算】

 

中3 因数分解・平方根・二次方程式

 

中2 式と計算・連立方程式

 

中1 正負の数・文字と式・一次方程式

 

 

【関数】

 

中3 二次関数

 

中2 一次関数

 

中1 比例・反比例

 

 

【図形】

 

中3 相似・円・三平方の定理

 

中2 証明・図形の性質

 

中1 作図・平面図形・空間図形

 

となっています。前の学年に戻ってできるようになってから、今の学年の復習をしてみましょう。

 

 

③途中式、図や表などをしっかり書く(描く)

 

→数学な苦手な人のよくあることとして、途中式や図や表をきちんと書かないことがあります。そのため問題を解く際には、必ず式や表、図などを書くようにしましょう。これらを書くことで何を解いていけばいいのか、その方向性が見えてきます。

 

 これらを繰り返すことで数学の苦手意識が克服され、点数が伸びるようになるでしょう。

 

 

3 とよはし練成塾での取り組みは?

 

 最後にとよはし練成塾での取り組みについて紹介します。

 

①週2回数学受講を勧めています

 

→とよはし練成塾では個別指導塾であり、週1回~3回まで授業を受講できます。そして週2回受講の方で数学が苦手な場合は2回とも数学の授業を行うことを勧めています。どうしても週1回ですと、授業の間が1週間空いてしまうことになるため、前に習った内容を忘れてしまうことがよくあります。しかし、週2回であれば2~3日おきに授業があるため、前習った内容が忘れにくくなります。それにより学習効果が高まっていきます。

 

 

②計算練習を定期的に行う

 

→計算が遅いもしくは計算ミスが多い生徒の場合は、授業もしくは宿題の中で計算練習を行っていきます。また計算ミスをした場合は、なぜミスをしたのかその原因を問題の横に書くようにしてもらっています。

 

 

③基本的な問題に絞る

 

→数学が苦手な生徒さんの場合、当塾では基本問題に絞って指導をしています。そしてその問題を1回教えて終わりではなく、2回3回と繰り返し解くことによって頭の中に定着できるようにしています。

 

 

とよはし練成塾では、お子様の学力に合わせた指導を行っています。英語・数学・国語が得意なお子様には予習を進めていき、苦手なお子様には前の学年に戻って復習をすることで力をつけていく指導をしています。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 



とよはし練成(れんせい)塾

【対象学年】

小5・小6・中学生・高校生対象の個別指導塾

*英語・数学をはじめ全教科対応!

【住所】 

愛知県豊橋市曙町字南松原160

曙ヒルトンハイツB棟106

(南消防署、マツヤデンキさんの近く)

【電話】

0532-74-7739

受付時間13:00~22:00(日曜休み)



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ コース紹介 講師紹介 無料体験 料金・アクセス 授業動画 塾ブログ