英語の長文が読めない|中学生の英語長文の勉強法【豊橋の学習塾】

英語の長文が読めない|中学生の英語長文の勉強法【豊橋の学習塾】

高校生が模試で学年1位!


中学生前期内申全員アップ!



とよはし練成(れんせい)塾


TEL 0532-74-7739


14:00~22:00(日は除く)





英語の長文読解の勉強法は?

 

 豊橋市の個別指導型学習塾「とよはし練成塾」の西井です。 当塾は中学生の英語・数学・国語の定期テスト、高校受験対策に評判のある個人塾です。

 

 今回は「英語の長文が苦手!?中学生の英語長文の勉強法は?」についてみていきます。

 

 

勉強法・入試情報・授業動画満載!

 

チャンネル登録はこちら!

 

 

1 中学生が英語の長文が苦手になる理由は?

 

 

「定期テストの点数はいいけど、模試になると・・・」

 

「定期テストの文章はわかるけど、過去問に出てくる文章の意味は分からない・・・」

 

こういった悩みを持っている人が多いかと思います。

 

では、なぜ英語の長文を読むのが苦手になってしまうのでしょうか?定期テストとの違いで考えて見ましょう。

 

◆定期テスト◆

 

・文章自体が見たことがあるもの

 

・1つの文章が短め

 

・意味の分からない英単語が出てくることは少ない

 

 

◆模試・過去問◆

 

・文章自体が見たことのないもの

 

・1つの文章が長い

 

・意味の分からない英単語が出てくることもある

 

・意味のつかみにくい説明文が出てくる

 

 

2 英語の文章ができるようになるには?

 

 

 

 英語長文の効果的な読み方は、

 

「知識をつける」

 

「問題に慣れる」

 

この2つしかありません。それぞれ具体的に見ていくと、

 

①知識をつける

 

ア 英単語の暗記

 

英単語の意味がわからないと文章をしっかりと読むことができません。そのため、最優先で英単語の意味を覚えていく必要があります。「英語→日本語」ができるようにしましょう。(「日本語→英語」は時間がかかるためやる必要はありません。)

 

また英単語の意味を覚える際には、同時にその単語の発音・アクセントも覚えていきましょう。こうすることで、リスニング対策にもつながっていきます。

 

1日100語以上を目標に短期集中で覚えるようにしましょう。

 

 

イ 英文法の理解

 

英文法を理解することで文章を正確に理解することができます。ですが、ここにあまりにも時間をかけすぎると長文読解の演習が十分できなくなってしまいます。そのため、高校入試用の問題集を1冊買って短期間で仕上げるようにしましょう。

 

 

ウ 音読

 

文章を正確に読むことはもちろんですが、同時に速く読む必要があります。そして文章を速く読むことができるようになるには、声を出して読む(音読)が大切になってきます。同じ文章を30回以上声に出して読むことで、自然と速く読むことができるようになってきます。

 

おすすめの教材としては「教科書ガイド」です。教科書ガイドは全ての文に日本語訳があるため、文章の内容を理解しやすいです。また別売で音声CDがあるため、CDを聞くことでリスニング力がアップします。

 

 

②問題に慣れる

 

ア しっかりと読む

 

「英語の文章が読めない・・・。」この原因の一つとしてあるのは、「きちんと文章を読んでいない」ことにあります。読む生徒の心理としては、

 

・文章が長いから読む気がない

 

・分からない単語があるとそこで思考が止まってしまう

 

などがあります。ただ飛ばし読みを許しておくと、いつまでたっても読解力が向上しません。まずは、一文一文確実に読む習慣をつけるようにしましょう。

 

 

イ 解答の根拠となる部分を本文から探す

 

問題集を解く際に気を付けてほしいのは、解答の根拠を見つけるということです。この問題は第●段落の●行目にあるという感じで、本文の根拠に印をつけながら解答を見つけていくことを行っていきます。そして答え合わせをして間違えた問題は解説を読み、納得することを必ずするようにしましょう。

 

これらを繰り返すことで必ず長文読解力は上がっていきます。

 

 

3 長文の効果的な読み方は?

 

 長文の効果的な読み方は以下の通りです。

 

・先に問題・注釈から読む

 

・状況をイメージしながら読む

 

・分からない単語の意味を予想する

 

・全文日本語に訳そうとしない

 

・前から文章を読む(返り読みをしない)

 

といったことです。数多くの問題を読んで読み方を工夫していきましょう。

 

 

4 とよはし練成塾での取り組みは?

 

 最後にとよはし練成塾での取り組みについてまとめました。

 

①単語の暗記

 

→「フォーミュラ中学英単語1400」を使って、英単語を覚えていきます。50~100語ずつを1セットとして、1回の授業で200~300語覚えていきます。覚えた後は講師がランダムでいくつかの単語の意味を生徒に聞き、定着度を確認していきます。一通り覚えた後は、1回目で忘れていた単語を中心に再度覚えていきます。

 

 

②音読練習

 

→「速読英単語 中学版」及びCDを使って文章を音読していきます。最初に音声CDを聞き、英文の発音とアクセントを確認します。次に英文⇔日本語訳を確認し、英文の理解度を高めていきます。後はストップウォッチを使って、何秒で英文を読むことができるかを確認していきます。

 

 

③長文読解演習

 

→「全国高校入試問題正解」を使って、問題演習をしていきます。愛知県以外の問題を解くことによって、様々な問題パターンに対応することができます。ただ解くだけではなく、

 

・本文全体の内容を15~30秒程度で説明してもらう

 

・解答の根拠を答えることができるように問題を解いていく。

 

といったことを徹底して行っていきます。また直前期は愛知県の過去問を使っていきます。

 

中学生長文読解向けプリント(無料ダウンロード)はこちら

 

 

とよはし練成塾では、お子様の学力に合わせた指導を行っています。英語・数学・国語が得意なお子様には予習を進めていき、苦手なお子様には前の学年に戻って復習をすることで力をつけていく指導をしています。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 



とよはし練成(れんせい)塾

【対象学年】

小5・小6・中学生・高校生対象の個別指導塾

*英語・数学をはじめ全教科対応!

【住所】 

愛知県豊橋市曙町字南松原160

曙ヒルトンハイツB棟106

(南消防署、マツヤデンキさんの近く)

【電話】

0532-74-7739

受付時間13:00~22:00(日曜休み)



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ コース紹介 講師紹介 無料体験 料金・アクセス 授業動画 塾ブログ