割合の問題が難しい!? 割合が苦手になる理由は?【豊橋の学習塾】

割合の問題が難しい!? 割合が苦手になる理由は?【豊橋の学習塾】

国語力を鍛え他教科の力も高める塾



とよはし練成(れんせい)塾


TEL 0532-74-7739


14:00~22:00(日は除く)





割合の問題が難しい!? 割合が苦手になるには?

 

 

 

 豊橋市の個別指導型学習塾(小学生・中学生・高校生対象の個人塾)
「とよはし練成塾」の西井です。

 

 今回は「割合の問題が難しい!? 割合が苦手になるには?」についてみていきます。

 

 

1 割合の問題が苦手になる原因は?

 

 

 

 

勉強法・入試情報・授業動画満載!

 

チャンネル登録はこちら!

 

 小学5年生・6年生のお子様の中には、「割合問題が難しい」という方もいます。
ではなぜ割合に苦手意識を持ってしまうのでしょうか?その理由としては、

 

①「割合」とは何かが分からない

 

→そもそも割合が何を表しているかが分かっていない場合が多いです。

 

②「もとにする量」、「比べられる量」が何かが分からない(公式が分からない)

 

③ どう計算したらよいか分からない(式の立て方や考え方がわからない)

 

④「0.2倍⇔20%(百分率)⇔2割」といった複数の言い回しがあり混乱する

 

 といった理由が考えられます。特に必要となる力は、「イメージ力」と「読解力
です。「図」などを書いて「もとにする量」と「比べられる量」を比較するクセを
つけるようにしましょう。そうすることで割合の問題を克服することができ、応用問題
や難問もできるようになります。

 

 

2 割合の問題ができるようになるには?

 

 上に書いたように「イメージ力」と「読解力」を強化することで、割合の問題が
できるようになってきます。そのためにやるべきことは、

 

①簡単な数字に置き換えて考える

 

例 「20点は50点の何倍ですか?」という問題が分かりにくいときは、「60点は20円の何倍ですか?」に置き換えて考えましょう。

 

②「~の」の部分を「~をもとにしたときの」と置き換える

 

上の「20点は50点の何倍ですか?」という問題であれば、「20点は50点をもとにしたときの何倍ですか?」に置き換えましょう。そうすると50点が「もとにする量」、20点が「比べられる量」とわかります。

 

③比を使って計算する

 

比の計算(小6で習います)を使うと、非常に分かりやすく計算できます。「20点(=x倍)は50点をもとにしたときの(=1倍)何倍ですか?」の問題ならば、20点:x倍=50点:1倍とおき、計算していきます。

 

 こういったことを積み重ねることで、割合の問題がわかりやすいものとなり、
苦手意識はきっとなくなるでしょう。

 

小学生算数の割合の練習プリントはこちら

 

 

 とよはし練成塾では、お子様の学力に合わせた指導を行っています。算数・国語・
英語が得意なお子様には予習を進めていき、苦手なお子様には前の学年に戻って
復習をすることで力をつけていく指導をしています。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 



とよはし練成(れんせい)塾

【対象学年】

小5・小6・中学生・高校生対象の個別指導塾

*英語・数学をはじめ全教科対応!

【住所】 

愛知県豊橋市曙町字南松原160

曙ヒルトンハイツB棟106

(南消防署、マツヤデンキさんの近く)

【電話】

0532-74-7739

受付時間13:00~22:00(日曜休み)



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ コース紹介 講師紹介 無料体験 料金・アクセス 授業動画 塾ブログ