小学生算数の図形問題の苦手意識をなくすには?【豊橋の学習塾】

小学生算数の図形問題の苦手意識をなくすには?【豊橋の学習塾】

国語力を鍛え他教科の力も高める塾



とよはし練成(れんせい)塾


TEL 0532-74-7739


14:00~22:00(日は除く)





小学生算数の図形問題の苦手意識をなくすには?

 

 

 

 豊橋市の個別指導型学習塾(小学生・中学生・高校生対象の個人塾)
「とよはし練成塾」の西井です。

 

 今回は「小学生算数の図形問題の苦手意識をなくすには?」についてみていきます。

 

 

1 図形問題が苦手になる原因は?

 

 

 

勉強法・入試情報・授業動画満載!

 

チャンネル登録はこちら!

 

 

 小学生のお子様の中には、「図形問題が苦手」という方もいます。ではなぜ図形問題に
苦手意識を持ってしまうのでしょうか?その最大の理由は、

 

 頭の中で立体や図形をイメージできない

 

 です。つまり「空間認識能力」が足りないことが原因にあります。空間認識能力とは
位置関係(物体の位置・方向・大きさ・形など)をすばやく正確に認識する能力のこと
です。

 

 この能力は日ごろからの生活習慣(外で遊ぶ・積み木やブロック遊びをする)といった
ことで培われます。そのため小学生のうちは特に外で遊ぶことも必要になってくるの
です。

 

 

2 空間認識能力を高めるには?

 

 空間認識能力を高めることで図形問題に取り組みやすくなります。そしてこの力を
高めるためには、 

 

 ①折り紙をする

 

 →折り紙をするには、イメージ通りに立体(折り紙の作品)をつくる必要があります。
 そのため空間認識能力を高めるにはもってこいの遊びです。また折り紙をすることの
 他のメリットとして、

 

 ・忍耐力や集中力が高まる
 ・思考力や想像力が高まる
 ・手先が器用になる

 

 といったこともできるようになります。

 

 ②絵を描く(景色)、ジグソーパズル、スポーツ観戦、目をつむって歩く

 

 →これらも空間認識能力を高める効果があるとされています。

 

 ③「天才パズル」を解く

 

 →市販されている問題集で立体や図形を書く練習に特化した問題集です。

 

 こういったことを積み重ねることで、図形問題(面積・回転・展開図・合同・体積)
の苦手意識はきっとなくなり、難問にも対応できるようになるでしょう。

 

 図形パズル問題(無料)・ドリルはこちら

 

 図形おすすめアプリ・ゲームはこちら

 

 

 とよはし練成塾では、お子様の学力に合わせた指導を行っています。算数・国語・
英語が得意なお子様には予習を進めていき、苦手なお子様には前の学年に戻って
復習をすることで力をつけていく指導をしています。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 



とよはし練成(れんせい)塾

【対象学年】

小5・小6・中学生・高校生対象の個別指導塾

*英語・数学をはじめ全教科対応!

【住所】 

愛知県豊橋市曙町字南松原160

曙ヒルトンハイツB棟106

(南消防署、マツヤデンキさんの近く)

【電話】

0532-74-7739

受付時間13:00~22:00(日曜休み)



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ コース紹介 講師紹介 無料体験 料金・アクセス 授業動画 塾ブログ