桜丘中学校に通うメリット・デメリットは?【豊橋の学習塾】

桜丘中学校に通うメリット・デメリットは?【豊橋の学習塾】

インターネットでの

お問い合わせ

お電話からの

お問い合わせ

教室の場所

「無料体験授業」

随時実施中!

 


営業日 月~土 14:00~22:00


0532-74-7739

 

 

 

豊橋市の個別指導型学習塾(小学生・中学生・高校生・浪人生対象の個人塾)
「とよはし練成塾」の西井です。
今回は桜丘中学校に通うメリット・デメリットについてみていきます。

 

 

1 桜丘中学校のカリキュラムは?

 

豊橋市にある桜丘中学校は、東三河地方でも数少ない中高一貫校です。
桜丘中学校に入るには、小学校6年生の1月に中学受験をする必要があります。

 

その試験に合格すると、四月からは晴れて桜丘生になります。
桜丘中学校の授業の特徴は、

 

 教科

内容

 英語

①授業数は公立中学校の1.5倍
②英会話の授業が週2時間
③毎朝10分「イングリッシュ・シャワー」
(リスニング)がある
④中学卒業まで英検3級~準2級を目指す
 

 数学

①授業数は公立中学校の1.3倍
②中学時に数学Ⅰ・Aの一部を習う
③小テストによって一人一人の到達度を確認
 

 理科

①実験を3年間で100時間行う
②高校の内容も取り入れる
 

 社会

①中1で地理、中2で歴史、中3で公民を習う
②公民では高校の現代社会の内容を学ぶ
 

 国語

①中3から本来高校で習う古典文法を学ぶ
②中学卒業まで漢検準2級を目指す
 

 

となっており、中高一貫校としてのメリットを生かした授業構成となっています。

 

 

2 桜丘中学校に通うメリット・デメリットは?

 

次に桜丘中学校に通うメリット・デメリットについてみていきます。
ここでは勉強面に絞ってみていきます。

 

桜丘中学校に通うメリットは、

 

①小学校5・6年時に受験勉強をするため基礎学力がつく

 

中学受験をすることになるため、小5・小6の時に国語・算数・理科・社会の勉強
をすることになります。

 

試験に向けて復習をするため、小学校で習った内容をしっかりと定着することが
できます。

 

 

②公立中学校よりも中身の濃い授業を受けることができる

 

上の表で示したように、桜丘中学で学ぶ内容は公立中学に比べ中身の濃いものと
なっています。

 

また少人数教育を行っているため、仮にわからないところが出てきてもフォローが
できる体制が整っています。

 

 

③高校入試がないため、中3から高校の内容を予習することができる

 

個人的にはこれが最大のメリットになると思います。
公立中学校に通う場合、中3の夏からは高校入試の勉強をすることになります。

 

しかし、桜丘中学の場合は中高一貫のため、基本的に入試を受ける必要はあり
ません。
そのため、学力の高い生徒などは中3の夏から高校の内容を予習することも
可能になります。

 

高校の内容は中学に比べ格段に難しくなります。
ですので、中学のうちに少しでも予習をしておくと、高校生になったときに
分からなくなるのを防ぐことができます。

 

ただ、高校入試がないことが逆にデメリットにもなってしまいます。
なぜなら小6で受験をした彼らは、高3まで受験がない状態になります。
そうなると勉強へのモチベーションが6年間キープできるかが問題になります。

 

そのため、勉強へのモチベーションを上げるためには、定期的に検定試験を受ける
ことをお勧めします。

 

英検や漢検、数学検定などを積極的に受験し、力をつけていきましょう。

 

 

 

とよはし練成(れんせい)塾

   小5・小6・中学生・高校生・浪人生対象の個別指導塾
 英語・数学をはじめ全教科対応しています!   

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 授業方針 コース紹介 講師紹介 無料体験授業 料金・アクセス 授業動画