2020年以降小学校の英語教育が変わる!【小5・小6で教科化】

2020年以降小学校の英語教育が変わる!【小5・小6で教科化】

インターネットでの

お問い合わせ

お電話からの

お問い合わせ

教室の場所

「無料体験授業」

随時実施中!

 


営業日 月~土 14:00~22:00


0532-74-7739

 

 

 

【動画】2018年4月から小5・小6の英語が教科化されます

 

 

 

豊橋市の個別指導型学習塾(小学生・中学生・高校生・浪人生対象の個人塾)
「とよはし練成塾」の西井です。
今回は小学校の英語教育の変化についてみていきます。

 

2020年度から小学校の英語教育が大きく変わります。
(学校によっては2018年度から先行実施しているところもあります。)

 

今まで小5で始まっていた英語の授業が、小3から始まるようになります。
それに伴い、いくつかの大きな変更点が出てきます。
今回はその変化についてみていきましょう。

 

 

1 2020年度から小学校の英語教育はどう変わるのか?

 

2020年度から小学校~高校までの授業カリキュラムが大きく変わります。
その中でも特に一番大きく変わるのが「英語」です。

 

今までは小5から始まっていた英語の授業が、今後2年前倒しになって小3から
始まるようになります。

 

またそれ以外の変化としては、

 

①授業時間数が年35時間→70時間と倍になる
②「聞く」「話す」に加え、「読む」「書く」が加わる
*ただし文法は学ばない
③成績評価がされるようになり、通知表にも載る

 

です。

 

「英語は中学校になってからでいいや。」ではなく、算数や国語と同じように
小学生のうちからしっかりと勉強しておかないと、今後中学校の授業でついて
いけなくなる可能性が
出てきます。

 

そのために比較的時間に余裕のある小学生のうちに英語の基礎をしっかりと
学んでおくとよいでしょう。

 

小5で習う授業内容はこちら

 

小6で習う授業内容はこちら

 

 

2 小学生のうちに勉強しておくべきことは?

 

では小学生のうちに勉強しておくべきことは何でしょうか?

 

英単語

 

小5・小6で習う英単語の数は2年間で600~700語です。
今までの中学生の3年間で学ぶ単語の数が約1200語ですので、その約半分の数を
学ぶことになります。

 

小学校のうちに単語を知っておかないと、中学生になったときにはついて
いけなくなる可能性が高くなります。

 

そのため、以下のことを中心に英単語を覚えていきましょう。

 

第1段階 英語を見て正しい発音が言えるようにする
第2段階 英語を見て日本語の意味が言えるようにする
第3段階 日本語を見て英語が書けるようにする

 

 

質問文とその答え方を覚えておく

 

小学校で習う文は、どちらかというと英会話に近い形式です。

 

例えば、

 

「What do you want?」【あなたは何が欲しいですか?】という問いに対して、
「I want ●●●.」と答えます。そして●●●の中に自分の思っていることを
答えるというやり方です。

 

本格的な文法は中学校に入ってから習いますが、小学生のうちに質問文とその
答え方をしっかりと覚えておくと、英問英答問題(英文の問いに対し英語で返す)
に強くなっていきます。

 

瞬時に答えが出るように繰り返し練習をしましょう。

 

 

国語力

 

最後に国語力です。
正直言えば国語ができないと英語はできるようになりません。
国語の問題ができるようになるには筆者の主張を読み取る力、つまり読解力
必要です。

 

そして英語でも同じことが言えます。
高校入試や大学入試になると難しめの英文を読む力が求められます。
またこの英文は結局は日本語訳すれば、国語の問題なのです。

 

ということは国語の読解ができなければ、英語の文章も読み取れないということに
なります。
そのためにも英語だけでなく、国語の読み取る力をつけていくようにしましょう。

 

具体的には、

 

①漢字の読み書き
②本を読む
③国語の問題集を解く

 

といったことがおすすめです。

 

 

 

とよはし練成(れんせい)塾

   小5・小6・中学生・高校生・浪人生対象の個別指導塾
 英語・数学をはじめ全教科対応しています!   

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 授業方針 コース紹介 講師紹介 無料体験授業 料金・アクセス 授業動画