数学「坂田アキラの面白いほどわかる本」シリーズ【豊橋の学習塾】

数学「坂田アキラの面白いほどわかる本」シリーズ【豊橋の学習塾】

インターネットでの

お問い合わせ

お電話からの

お問い合わせ

教室の場所

「無料体験授業」

随時実施中!

 


営業日 月~土 14:00~22:00


0532-74-7739

 

坂田アキラの面白いほどわかる本(数学)の使い方は?

 

 

 

 

1 坂田アキラの面白いほどわかる本シリーズとは?

 

「坂田アキラの●●が面白いほどわかる本」シリーズとは、KADOKAWAから出版
されている高校数学の問題を解説している参考書です。

 

この本は単元ごとに1冊の参考書となっており、現在出版されているのは、
数学Ⅰ 二次関数、三角比、データの分析
数学A 確率、平面図形
数学Ⅱ 図形と方程式、三角関数、指数・対数関数、微分・積分
数学B ベクトル、数列
数学Ⅲ 微分・積分(極限含む)

 

となっています。

 

この本の最大の特徴は、「計算過程が非常に詳しい」ことです。
1つの問題に対し、多い時は5~6ページかけて計算過程を詳しく書いています。

 

ですのでチャート式などを解く際に、「あれこの計算はどうやってやるんだっけ?」
と疑問に思ったら、この「面白いほどわかる本」を使っていくと良いでしょう。

 

 

2 坂田アキラの面白いほどわかる本シリーズの使い方は?

 

上でも書いたように、「坂田アキラの●●が面白いほどわかる本」シリーズの基本的な
使い方は、計算のやり方を調べるために使います。

 

教科書や参考書(チャート式)の問題を解いて、計算のやり方が分からない場合や
問題の解き方が分からない場合に使うようにしましょう。

 

また「面白いほどわかる本」は分野ごとの本となっていますので、特に苦手な単元
のみ購入して解き進めるのもよいかもしれません。

 

個人的にお勧めは、「確率」・「三角関数」・「数列」・「微分・積分(数Ⅲ)
です。

 

これらは途中の計算が難しかったり、なぜこのような式になるのかが分かりにくい
単元です。
そこでいつまでも悩んで先に進まないとしたら、それは時間が非常にもったいない
です。

 

ですので本屋さんに行って、「面白いほどわかる本」シリーズを見て、よければ
買ってみるとよいでしょう。

 

 

 

 

とよはし練成(れんせい)塾

   小5・小6・中学生・高校生・浪人生対象の個別指導塾
 英語・数学をはじめ全教科対応しています!   

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 授業方針 コース紹介 講師紹介 無料体験授業 料金・アクセス 授業動画