坂田アキラの化学基礎の解法が面白いほどわかる本【豊橋の学習塾】

坂田アキラの化学基礎の解法が面白いほどわかる本【豊橋の学習塾】

インターネットでの

お問い合わせ

お電話からの

お問い合わせ

教室の場所

「無料体験授業」

随時実施中!

 


営業日 月~土 14:00~22:00


0532-74-7739

 

坂田アキラの化学基礎の解法が面白いほどわかる本の使い方は?

 

 

 

 

1 大学入試坂田アキラの化学基礎の解法が面白いほどわかる本とは?

 

「大学入試坂田アキラの化学基礎の解法が面白いほどわかる本」とは、中経出版
から出版されている化学基礎を理解するための参考書です。

 

著者は坂田アキラさんで、坂田先生は化学以外にも物理や数学の参考書も出版
されています。

 

この本の最大の特徴は、「分かりやすい」ということです。
特に計算問題の解き方において、途中の計算式が非常に詳しく説明されているのが
いいところです。

 

ですので、特に化学基礎の計算問題が苦手な人はこの本を使っていけば、計算問題の
解き方が分かるようになっていくでしょう。

 

特に、

 

・モルの計算
・溶解度
・中和滴定
・PH
・酸化還元反応

 

の計算問題を詳しく説明しています。(このあたりの計算が苦手は人は多いですね。)

 

反面、定義の説明(なぜそうなるのか?)といったところは、あまり詳しく説明
されていない部分もありますので、その部分は他の参考書
決める!センター化学基礎」や資料集などで補うようにしましょう。

 

 

2 大学入試坂田アキラの化学基礎の解法が面白いほどわかる本の使い方は?

 

「大学入試坂田アキラの化学基礎の解法が面白いほどわかる本」は参考書であり
ながら、ところどころ問題も収録されています。

 

問題は全部で68問ありますので、この問題を確実にできるようにしていきましょう。

 

 

①使用時期 高1から(定期テスト対策にも使用可)

 

理系の生徒は高1中に、文系の生徒は高3の夏までに一通り終えるようにしましょう。

 

 

②難易度 ☆☆~☆☆☆(5段階評価 ☆が多いほど難易度が高い)

 

レベルがキソのキソ、基礎、標準、ちょいむず、発展の5段階あります。
最低でも標準レベルの問題までは確実にできるようにしましょう。

 

 

【1日の学習量】

 

1日に取り組むペースは3~5問がベストです。
問題以外にも重要事項のまとめ部分もあります。
重要語句は赤シートで隠して覚えることができますので、一つ一つ確実に覚える
ようにしましょう。

 

 

【習得必要期間】 1.5~2ケ月
 
・1日3問ペースの場合(土日は復習日です)

 

1週間目 「1 化学式」~「15 化学式と電子式」
2週間目 「16 電子式と構造式」~「30 モル濃度の計算」
3週間目 1~2週間目の復習(間違えたところをできるように復習)
4週間目 「31 濃度」~「45 PHの計算」
5週間目 「46 PHの計算」~「60 酸化剤・還元剤」
6週間目 「61 半反応式」~「68 鉛蓄電池」、4~6週間目の復習
7週間目 間違えた問題の復習

 

・1日5問ペースの場合

 

1週間目 「1 化学式」~「25 標準状態の体積・質量・分子数」
2週間目 「26 分子数」~「50 中和滴定」
3週間目 1~2週間目の復習(間違えたところをできるように復習)
4週間目 「51 中和滴定の実験」~「68 鉛蓄電池」、51番~68番の復習
5週間目 間違えた問題の復習

 

 

【勉強方法】

 

①解けるかどうかを確認する

 

②解けなかった問題は問題番号の左側に☑をつける

 

③解けなかった問題は解説を読む
⇒ノートに式の過程を書き、流れをつかむこと

 

④解説部分を見ながらセルフレクチャー(自分で声に出して解説)してみる

 

⑤解説部分を見ずに再度同じ問題を解く

 

⑥解けなかった問題(☑のついた問題)は後日解けるかどうか再度確認する
⇒解けるようになったら☑を消す。そうでない場合は再度③~⑥を行う。
くれぐれも解説を見て理解して終わりということのないようにしてください。

 

全ての☑がなくなるまで繰り返し練習しましょう。
その後は文系はセンター試験対策問題集、理系は化学(発展)に入ると良いでしょう。

 

 

 

とよはし練成(れんせい)塾

   小5・小6・中学生・高校生・浪人生対象の個別指導塾
 英語・数学をはじめ全教科対応しています!   

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 授業方針 コース紹介 講師紹介 無料体験授業 料金・アクセス 授業動画