三訂版リードLightノート化学基礎【豊橋の学習塾】

三訂版リードLightノート化学基礎【豊橋の学習塾】

インターネットでの

お問い合わせ

お電話からの

お問い合わせ

教室の場所

「無料体験授業」

随時実施中!

 


営業日 月~土 14:00~22:00


0532-74-7739

 

リードLightノート化学基礎の使い方は?

 

 

 

 

1 リードLightノート化学基礎とは?

 

リードLightノート化学基礎とは、数研出版から出版されている化学基礎の基礎
知識を定着するための問題集です。

 

理系文系問わず、化学基礎の導入教材としてはうってつけのものです。
(学校で使っているクリアーやアクセスのような教材です。)

 

また、この本の特徴としては、

 

・最初の「要項」で穴埋め形式で基礎知識を確認することができる
・基礎CHECK→Let`s Try→CLEARと段階的に問題の難易度が上がる
・基礎レベルの典型問題が漏れなく収録されている
計算問題の解説が詳しい

 

となっています。

 

 

2 リードLightノート化学基礎の使用時期・難易度は?

 

①使用時期 学校の授業と同時進行~受験勉強の初期
 
リードLightノートは定期テスト用教材としても使えます。
そのため授業と同時進行で使ってもOKです。
また化学の受験勉強の最初に使ってもよいでしょう。

 

 

②難易度 ☆☆~☆☆☆(5段階評価 ☆が多いほど難易度が高い)

 

CLEARや編末問題は難しい問題もありますが、最低限LET`S TRYは全てできる
ようにしましょう。

 

 

3 リードLightノート化学基礎の使い方は?

 

【問題数】 174(例題31問・LET`S TRY143問)

 

*「例題+LET`S TRY」の問題数です
①物質の構成 16問(例題3問・LET`S TRY13問)
②物質の構成粒子 19問(例題3問・LET`S TRY16問)
③粒子の結合 25問(例題4問・LET`S TRY21問)
④物質量と化学反応式 34問(例題7問・LET`S TRY27問)
⑤酸と塩基の反応 35問(例題6問・LET`S TRY29問)
*例題24及び問題127・128は発展問題のため除く
⑥酸化還元反応 21問(例題3問・LET`S TRY18 問)
⑦電池と電気分解 24問(例題5問・LET`S TRY19問)
*この章は「化学基礎」のみ必要な場合は解かなくてよい

 

 

【解く順番】

 

解く順番でおすすめなのが、全体を一気にやってしまうことです。
全単元の要項⇒全単元の基礎CHECK⇒・・・という風に解いていけば、全ての単元を
何周も解くことができます。

 

1 ①物質の構成~⑦電気と電気分解の要項(穴埋め問題)を解く
2 ①物質の構成~⑦電気と電気分解の基礎CHECKを解く
3 ①物質の構成~⑦電気と電気分解の基礎ドリルを解く
4 ①物質の構成~⑦電気と電気分解の例題を解く
5 ①物質の構成~⑦電気と電気分解のLET`S TRYを解く

 

という流れでやっていくとよいでしょう。

 

そうすることで、最初にやった単元を忘れてしまったということを防ぐことができます。

 

 

【習得必要期間】 1~ケ月

 

①1~3週間目

 

1章~7章までの「要項」と「基礎CHECK」、「基礎ドリル」を終えます。
ここで定義や用語の意味は確実に覚えるようにしましょう。
また計算問題も解き方を確実に理解するようにしましょう。

 

②2~4週間目

 

1章~7章までの「例題」(全31問)を解きます。
1日6題以上のペースで解き、土日で復習をしましょう。
1週間で例題をマスターすることが目標です

 

③3~5週間目以降

 

1章~7章までの「Let`s Try」(全143問)を解きます。
問題数は多いですが、基礎力があればすらすらと解けるはずです。
1日10問~20問ペースで進めていきましょう。

 

やはりここでも土日は復習タイムです。
全ての問題が確実にできるように、間違えた問題を中心に繰り返し解きましょう。

 

 

【勉強方法】

 

①解けるかどうかを確認する
*計算問題は必ず途中式を書くこと

 

②解けなかった問題は問題番号の左側に☑をつける

 

③解けなかった問題は解説を読む
⇒ノートに式の過程を書き、流れをつかむこと
*解説を見てもわからない場合は参考書を使って調べる
(それでもわからない場合は学校の先生に聞くなどしましょう)

 

④解説部分を見ながらセルフレクチャー(自分で声に出して解説)してみる

 

⑤解説部分を見ずに再度同じ問題を解く

 

⑥解けなかった問題(☑のついた問題)は後日解けるかどうか再度確認する
⇒解けるようになったら☑を消す。そうでない場合は再度③~⑥を行う。
くれぐれも解説を見て理解して終わりということのないようにしてください。

 

全ての☑がなくなるまで繰り返し練習しましょう。

 

 

【注意点】

 

分からない問題はすぐに解説を見るようにしましょう。
知識が足りない状態でいくら考えても答えにたどり着くことはできません。
1つの問題に1時間や2時間かけることはやめてください。(特に計算問題)

 

みなさんは化学以外にも英語や国語など多くの教科を勉強する必要があります。
ですので、化学にあまり時間をかけないようにしましょう。
とにかくテンポよく解き進めることを意識してください。

 

 

 

とよはし練成(れんせい)塾

   小5・小6・中学生・高校生・浪人生対象の個別指導塾
 英語・数学をはじめ全教科対応しています!   

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 授業方針 コース紹介 講師紹介 無料体験授業 料金・アクセス 授業動画