基礎固め+スキルアップ古典文法マスタードリル【豊橋の学習塾】

基礎固め+スキルアップ古典文法マスタードリル【豊橋の学習塾】

インターネットでの

お問い合わせ

お電話からの

お問い合わせ

教室の場所

「無料体験授業」

随時実施中!

 


営業日 月~土 14:00~22:00


0532-74-7739

 

基礎固め+スキルアップ古典文法マスタードリルの使い方は?

 

 

 

 

1 古典文法マスタードリルとは?

 

基礎固め+スキルアップ古典文法マスタードリルとは、文英堂から出版されて
いる古典文法の問題集です。

 

この本1冊で古典文法の基礎はOKです。
また著者は代々木ゼミナール講師の西村雪野先生です。
(着物姿で授業をされます。)

 

そしてこの本の特徴としては、

 

・最初の「ガイダンス」で言葉の定義や見分け方などの詳しい説明がされている
・各単元の上部分に解説、下に問題がある
・問題に出てくる文章が「枕草子」「竹取物語」など有名な作品から出題されている
・2~3単元終わると実力テストがあり、学習の定着度を確認することができる
・解答が赤字部分となっており、赤シートで隠して覚えることができる

 

となっています。

 

さらにこの本の最も良い点は、「例文の和訳がかたまりごとの訳になっている
ことです。

 

例えば、「住み慣れし故郷、限りなく思ひ出でらる」という文では、
住み慣れし故郷/限りなく思ひ出でらる
住み慣れた故郷が/自然と限りなく思いだされる

 

と書かれているため、文全体の意味がつかみやすくなっています。

 

 

2 古典文法マスタードリルの使用時期・難易度は?

 

①使用時期 高2から
 
高1で古典文法をひととおり終えたあとに取り組んでいくと良いでしょう。

 

 

②難易度 ☆☆(5段階評価 ☆が多いほど難易度が高い)

 

難しい古語や文章はあまりないため、最低限の知識がある人はさくさくと進める
ことができます。
ただ、活用・接続・意味を覚えていない人は多少時間がかかるかもしれません。

 

 

3 古典文法マスタードリルの使い方は?

 

【問題数】 27単元(用言4・助動詞11・助詞4・敬語3・識別5)

 

 

【1日の学習量】

 

1日に取り組むペースは3単元がベストです。
月~金までで覚え、土・日はその週に覚えた内容を復習していきましょう。
さらっと終えて、古文単語の暗記や古文常識の学習にとりかかることができる
ようにしましょう。

 

 

【習得必要期間】 1ケ月

 

・1日3単元ペースの場合(土日は復習日です)

 

1週間目 1「動詞①」~15「助動詞⑪」
2週間目 1週間目の復習 
3週間目 16「助詞①」~27「識別⑤」及び復習
4週間目 総復習

 

 

【勉強方法】

 

①最初に「ガイダンス」及び各単元の上部にある「解説」を読む

 

活用・接続・意味を覚える
→ここが一番大事!瞬間的に言えるように繰り返し暗記をしよう!

 

③下の問題を解き、答え合わせをする

 

④解けなかった問題は問題番号の上側に☑をつける

 

⑤解けなかった問題は解説を読む

 

⑥解説部分を見ながらセルフレクチャー(自分で声に出して解説)してみる

 

⑦解説部分を見ずに再度同じ問題を解く

 

⑧解けなかった問題(☑のついた問題)は後日解けるかどうか再度確認する
⇒解けるようになったら☑を消す。そうでない場合は再度⑤~⑧を行う。
くれぐれも解説を見て理解して終わりということのないようにしてください。

 

全ての☑がなくなるまで繰り返し練習しましょう。

 

 

【+α】
 
この本の良いところは、問題文の現代語訳が細かく分けられて訳されている
点です。
 
そのため、ただ問題を解いて終わりではなく、別冊解答の訳部分を赤シートで
隠し現代語訳をすらすら言えるように練習するとより効果的になります。

 

 

 

とよはし練成(れんせい)塾

   小5・小6・中学生・高校生・浪人生対象の個別指導塾
 英語・数学をはじめ全教科対応しています!   

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 授業方針 コース紹介 講師紹介 無料体験授業 料金・アクセス 授業動画