東北大学(文系)の2018年の出題傾向と分析、2019年への対策【豊橋の学習塾】

東北大学(文系)の2018年の出題傾向と分析、2019年への対策【豊橋の学習塾】

インターネットでの

お問い合わせ

お電話からの

お問い合わせ

教室の場所

「無料体験授業」

随時実施中!

 


営業日 月~土 14:00~22:00


0532-74-7739

 

2019東北大学(文系)の出題分析・傾向と対策

 

 

 

 

2018年度に出題された東北大学(文系)の問題分析、難易度、傾向及び2019年に
むけた対策についてまとめてあります。

 

 

1 東北大学(文系)の入試データは?

 

東北大学の文系学部の入試データ一覧です。

 学部名

募集人員

倍率

科目

  

センター600+二次1000

国語 400

数学ⅡB 200

外国語 400

教育

センター450+二次800

国語 300

数学ⅡB 200

外国語 300

センター450+二次900

国語 300

数学ⅡB  300

外国語 300

経済

 

センター600+二次600

国語 200

数学ⅡB 200

外国語 200

 

 

2 2018年東北大学(文系)の外国語の傾向と2019年にむけた対策

 

 

 

大問1・2 

大問3

大問4

 

 大問4題の出題で試験時間は100分。英文和訳、内容説明、英作文(自由英作文)

といった記述式の問題が中心。英文の量は800~1000語程度と少し多いので、制限時間

内に解くには読解スピードをつけることが大切である。

 

 また英文の内容は科学的な内容が出題されることが多く、英単語のレベルは難しい

ものもあるが、前後関係から類推できるようになっている。

 

 なお英作文は比較的書きやすいものが多い。(いわゆる「日本語→簡単な日本語にする」作業はあまりいらない。)

 

第1問 読解 【見過ごされてきたおばとおじの役割】

 
 問1 和訳
「to describe・・・」and「to differentiate・・・」で結ばれていることに注意
 
 問2 内容説明
下線部(B)の「this」は、前文「not all families・・・as isolated households.」を指す
あとは第3段落前半の内容も入れてまとめる。
 
 問3 和訳
「refer to A as B」で「AをBと呼ぶ」
「A(ボランティア)B(おば、おじ)」と「A(子どもたち)B(めい、おい)」と2つあることに注意。
 
 問4 内容説明
下線部(C)の「chosen or fictive kin」の具体的な説明は次の文「Volunteers may come・・・than ties of blood or marriage」にある。
 
 問5 単語の意味

前後の文章から判断して選ぶこと
 

第2問 読解 【宇宙と生命の起源】

 
 問1 和訳
「there was a period 13.8 billion years ago」をwhen以下が説明している。
またwhen以下での文構造は、主語がthe part of the Universeで動詞はwas compressedとなる。
 
 問2 内容説明
 下線部(B)「This theory」を指す内容は、前文「Since we have discovered・・・」である。
 
 問3 内容説明
 下線部(C)「chemistry became biology」の意味は、「無生物生命体は生物になった」である。これを具体的に表す文は第7段落1行目及び第7段落5行目である。
 
 問4 文の並び替え
 (ウ)→(エ)→(ア)→(イ)の順となる
 

第3問 読解、自由英作文 【友人同士の会話】

 
 問1 空欄補充
 前後の文章から判断して求める。
 
 問2 内容一致
(1)exclusive(排他的)が不適
(2)invention of the lightbulb(電灯の発明)が不適
(4)created more opportunities for inventors(発明者のより多くの機会を生み出す)
 
 問3 自由英作文
「会話文で述べられている発明以外の過去の発明の例を1つ挙げ、それが人々の暮らしをどう支えたかを答える問題」
 例 テレビ→国内外の情報が分かる、家にいるときの気晴らしになる
 

第4問 英作文 

 
(A)「叱咤激励」は「scolding and encouragement」
  「うっとうしい」は「annoy」
(B)「少しずつ」は「little by little」
 

 

【2019年に向けた対策】
 まずは単語・熟語・文法の知識を固め、その後は数多くの文章を読んでいくこと。
文章が長めなので、800語以上の問題が掲載されている問題集や各大学の過去問を
解いていくとよい。

 

3 2018年東北大学(文系)の数学の傾向と2019年にむけた対策

 

 

 

 大問1・2

大問3・4

 

例年文系数学は大問が4問の構成となっている。時間は100分。
また微分積分、確率、ベクトルが中心に出題される。
難易度は教科書章末問題程度の問題が多く、旧帝大の中では易しめ。

 

 第1問 図形と方程式 標準

 
(1)はyを消去しxについての式にする。出た2解の差が1になるようにa,bの式を
求める。

(2)は(放物線Cの式)+k(放物線Dの式)=0の式をつくり、k=-1を代入してyとxの式にする。この直線と放物線の交点を求める。

 第2問 確率 標準

 

(1) P(1)【1回目の試行でnの番号札をとり出す確率】=1/nとなる。
 またp(n)を求めるときは、n=4などで考えてみるとよい。
 
(2) P(2)【2回目の試行でnの番号札をとり出す確率】
 例 n=6
 1回目 1+2回目 5,6
 1回目 2+2回目 4,5,6
 1回目 3+2回目 3,4,5,6
 1回目 4+2回目 2,3,4,5,6
 1回目 5+2回目 1,2,3,4,5,6
 
(3) P(n-1)【n-1回目の試行でnの番号札をとり出す確率】
  例 n=6
(ⅰ)1,1,1,1,2以上
(ⅱ)1,1,2,1,全ての目
 

 第3問 微分・積分 標準

 

(1)は直線lと放物線C、直線lと直線Cの交点を求める。
 
(2)は直線と放物線で囲まれる部分の面積を求める。
 
(3)は(2)で求めたS(a)の値を微分し求める。
 

 第4問 空間ベクトル やや易

 
(1)はDGベクトルをDAベクトル、DBベクトル、DCベクトルを使って表す
 
(2)はDGベクトルとDNベクトルが成り立つとして証明をすすめ、途中で矛盾を
 見つける。(背理法)
 
(3)はNGベクトル=K(MCベクトル)であることを示す。
 

 

【2019年に向けた対策】
まずは黄チャートで基礎をしっかりと固めておき、その後応用問題集や入試問題を数
多く解いていくこと。また抽象的な問題はn=1,2,3・・・を代入して規則性をつかむとよい。
普段から図やグラフを描く習慣をつけること。

 

4 2018年東北大学(文系)の国語の傾向と2019年にむけた対策

 

 

 

 

とよはし練成(れんせい)塾

   小5・小6・中学生・高校生・浪人生対象の個別指導塾
 英語・数学をはじめ全教科対応しています!   

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 授業方針 コース紹介 講師紹介 無料体験授業 料金・アクセス 授業動画