大阪大学(文系)の2018年の出題傾向と分析、2019年への対策【豊橋の学習塾】

大阪大学(文系)の2018年の出題傾向と分析、2019年への対策【豊橋の学習塾】

インターネットでの

お問い合わせ

お電話からの

お問い合わせ

教室の場所

「無料体験授業」

随時実施中!

 


営業日 月~土 14:00~22:00


0532-74-7739

 

2019大阪大学(文系)の出題分析・傾向と対策

 

 

 

 

2018年度に出題された大阪大学(文系)の問題分析、難易度、傾向及び2019年に
むけた対策についてまとめてあります。

 

 

1 大阪大学(文系)の入試データは?

 

大阪大学の文系学部の入試データ一覧です。

 学部名

募集人員

倍率

科目

 文

前135

 3.0 

センター250+二次400

国語 150

地歴(数学ⅡB)100

外国語 150

人間科

前115 

2.6

センター600+二次600

国語 200

数学ⅡB 200

外国語 200

外国語

前9~54 

1.5~2.3

センター150+二次500

国語 100

世界史(数学ⅡB)100

英語 300

法 前153

政策 前72 

法1.8

政策1.8 

センター450+二次450

国語 150

数学ⅡB 150

外国語 150

経済

(A配点)

 

前206

 

 

2.8 

センター540+二次60

国語 20

数学ⅡB 20

外国語 20

経済

(B配点)

 

 

センター60+二次540

国語 180

数学ⅡB 180

外国語 180

経済

(C配点)

センター300+二次300

国語 100

数学ⅡB 100

外国語 100

 

 

2 2018年大阪大学(文系)の外国語の傾向と2019年にむけた対策

 

 

 

3 2018年大阪大学(文系)の数学の傾向と2019年にむけた対策

 

 大問1・2

大問3・4

 

 

例年文系数学は大問が3問の構成となっている。時間は90分。
また微分積分、図形と方程式、確率が中心に出題される。
難易度は標準的(一部難しい問題あり)だが、計算量は多い。
複数の分野にまたがる融合問題が多く出題されている。

 

 第1問 三角関数 やや易

 
(1)は倍角の公式を使って、sin2t=2sintcostに変形する。x=sint-costの両辺を
 2乗すると、2sintcost=1-x2となる。これをf(t)=x(1-x2)となる。
 
(2)はx=√2sin(t-π/4)に変形(合成関数を使う)できる。xの定義域は
 -1≦x≦√2となる。(1)よりf(t)=x-x3=g(x)としてxで微分して増減表を書く。

 

 第2問 確率、積分、対数関数 標準

 
(1)は与式を積分してa=c、a-3b+2c=0となる。あとはこれらを場合分けする。
(ⅰ)a=cを満たす目の出方
(ⅱ)a-3b+2c=0を満たす目の出方
(ⅲ)a=cかつa-3b+2c=0を満たす目の出方
 
(2)底の変換公式を使ってloga●の形にする。あとはこれらを場合分けする。
(ⅰ)b=cを満たす目の出方
(ⅱ)a=b2を満たす目の出方
(ⅲ)b=cかつa=b2を満たす目の出方
 

 第3問 空間図形 やや難

 

(1)PQベクトルとSRベクトルが平行であることを示す。
 
(2)LMベクトル=OMベクトルーOLベクトルの形にし、|LMベクトル|2
 の式に代入する。
 
(3)X=四角形PQUTの面積+四角形SRUTの面積で求める。
 

 

【2019年に向けた対策】
まずは黄(青)チャートで基礎をしっかりと固めておき、その後プラチカなどの問題集
を使って、難易度の高い問題を解いていくこと。また融合問題が多く出題されるので、
阪大を含め他国公立大学の入試問題を数多く解くと良い。

 

4 2018年大阪大学(文系)の国語の傾向と2019年にむけた対策

 

5 2018年大阪大学(文系)の日本史の傾向と2019年にむけた対策

 

 

 

 

とよはし練成(れんせい)塾

   小5・小6・中学生・高校生・浪人生対象の個別指導塾
 英語・数学をはじめ全教科対応しています!   

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 授業方針 コース紹介 講師紹介 無料体験授業 料金・アクセス 授業動画