九州大学(文系)の2018年の出題傾向と分析、2019年への対策【豊橋の学習塾】

九州大学(文系)の2018年の出題傾向と分析、2019年への対策【豊橋の学習塾】

インターネットでの

お問い合わせ

お電話からの

お問い合わせ

教室の場所

「無料体験授業」

随時実施中!

 


営業日 月~土 14:00~22:00


0532-74-7739

 

2019九州大学(文系)の出題分析・傾向と対策

 

 

 

 

2018年度に出題された九州大学(文系)の問題分析、難易度、傾向及び2019年に
むけた対策についてまとめてあります。

 

 

1 九州大学(文系)の入試データは?

 

九州大学の文系学部(文・教育・法・経済・情報学部)の入試データ一覧です。

 学部名

募集人員

倍率

科目

 文

前119 

2.4

センター250+二次500

国語 150

地歴 100

数学ⅡB 100

外国語 150

教育 

前36 

2.3

センター450+二次600

国語 200

数学ⅡB 200

外国語 200

 

前146 

2.6

センター300+二次600

国語 200

数学ⅡB 200

英語 200

経済(経済・経営)

前110 

2.4

センター450+二次600

国語 200

数学ⅡB 200

外国語 200

経済(経済工)

前66

2.7

センター450+二次750

国語 150

数学Ⅲ 300

外国語 300

 共創

前65 

2.8

センター500+二次1000

小論文 300

数学ⅡB 300

外国語 400

 

 

2 2018年九州大学(文系)の外国語の傾向と2019年にむけた対策

 

 

 

3 2018年九州大学(文系)の数学の傾向と2019年にむけた対策

 

大問1・2問題分析

大問3・4問題分析

 

 

例年文系数学は大問が4問の構成となっている。時間は120分。
また整数、微分積分、確率、ベクトルが中心に出題される。
難易度は標準的であるが計算量は多い。
小問による誘導にうまく乗って解答に導くことができるかどうかがポイントである。

 

 第1問 微積分の応用 標準

 
(1)点(c,0)がx軸に接しているので、y=(x-c)2(x-d)とおける。あとは恒等式で
 表し係数を比較する。
 
(2)面積を求めるので定積分で考える。最初に(1)よりd=1/cとなる。そこから
 積分を行うが、そのまま計算すると計算量が多くなるため、工夫して計算すると
 よい。値を求めたあとで相加・相乗平均を使い、最小値を出す。
 

 第2問 整数 標準

 
(1)n=1,2,3・・・と代入し、規則性をつかむ
 
(2)101×101101101101101(2)と分けて考える。101は10進法にすると5に
 なるので、5×101101101101101となる。さらにこの式を変形すると、
 5×(2の15乗+2の12乗+2の9乗+2の6乗+2の3乗+2の0乗)となる。
 (1)より2の3の倍数乗のときは、7で割った余りが1なので、7で割った余り
 のみに注目すると、5(1+1+1+1+1+1)=30となる。
 

 第3問 平面ベクトル 標準

 
(1)aベクトル、bベクトル、cベクトル及びxベクトルを使って、Lの式を変形する
 
(2)(1)の式を平方完成して求める。
 

 第4問 確率 標準

 
(1)(全体)-(両方とも不良品ではない確率)の余事象で考える。
 
(2)樹形図でa,b,cの全ての場合を考える。(〇が不良品でない、×不良品)
 そのうちcが不良品である確率は〇〇×、〇××、×〇×、×××の4つの組み合わせ
 がある。
 
(3)条件付き確率の問題。確率の分母は(2)の答えで分子は〇××と×××の
 確率の和で求まる。
 

 

【2019年に向けた対策】
問題のレベルが教科書章末問題レベルであるため、黄チャートを繰り返しやっておけば
基本的な問題には対応できる。あとはややレベルの高い融合問題にも力を入れておく
必要がある。整数と確率は頻出なので特に力を入れておきたい。

 

4 2018年九州大学(文系)の国語の傾向と2019年にむけた対策

 

5 2018年九州大学(文系)の日本史の傾向と2019年にむけた対策

 

 

 

とよはし練成(れんせい)塾

   小5・小6・中学生・高校生・浪人生対象の個別指導塾
 英語・数学をはじめ全教科対応しています!   

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 授業方針 コース紹介 講師紹介 無料体験授業 料金・アクセス 授業動画