名古屋大学(文系)の2018年の出題傾向と分析、2019年への対策【豊橋の学習塾】

名古屋大学(文系)の2018年の出題傾向と分析、2019年への対策【豊橋の学習塾】

インターネットでの

お問い合わせ

お電話からの

お問い合わせ

教室の場所

「無料体験授業」

随時実施中!

 


営業日 月~土 14:00~22:00


0532-74-7739

 

2019名古屋大学(文系)の出題分析・傾向と対策

 

 

 

 

2018年度に出題された名古屋大学(文系)の問題分析、難易度、傾向及び2019年に
むけた対策についてまとめてあります。

 

 

1 名古屋大学(文系)の入試データは?

 

名古屋大学の文系学部(文・教育・法・経済・情報学部)の入試データ一覧です。

 学部名

募集人員

倍率

科目

 文

前110 

2.3 

センター900+二次1200

国語 400

地歴 200

数学ⅡB 200

外国語 400

教育 

前55 

2.1 

センター900+二次1800

国語 600

数学ⅡB 600

外国語 600

 

前105 

1.7 

センター900+二次600

小論文 200

数学ⅡB 200

英語 200

経済 

前165 

2.7 

センター900+二次1500

国語 500

数学ⅡB 500

外国語 500

情報

(人間・社会情報)

前30 

3.1 

センター900+二次1100

地歴・数学ⅡB 400

*いずれかを選択

外国語 700

 

 

2 2018年名古屋大学(文系)の外国語の傾向と2019年にむけた対策

 

 

3 2018年名古屋大学(文系)の数学の傾向と2019年にむけた対策

 

 

例年文系数学は大問が3問の構成となっている。時間は90分。
また確率(特に確率漸化式)、整数、微分積分、図形と方程式が中心に出題される。
難易度は高く、また計算量も多い。

 

 第1問 図形と方程式 やや難

 
(1)は最初に図で表し、直線ax+by=0が図示できる範囲を予測する。
 
(2)ベクトルを使った三角形の面積の式を使う。
   S=1/2|a1b2-a2b1|
 
(3)S-4が0以上になることを示す
 

 第2問 整数、複素数と方程式 

 
(1)は(α奇数+β偶数)、(α偶数+β奇数)、(α奇数+β奇数)に場合分けして
考えると良い。奇数は2k+1、偶数は2lとおくと良いだろう。
 
(2)は(1)の条件に加えて、α偶数+β偶数の場合も考える。これで全ての場合で
2n(nは奇数)にならないことを証明していく。
 
(3)は背理法を使う。「解のうち整数は2個以上ある」と仮定し、矛盾をみつける。
(2)の式をうまくつかうこと。
 

 第3問 確率・数列 

 

(1)・(2)は全ての場合を図で描き、規則性を見つける。
 
(3)は名大頻出の確率漸化式。n秒後とn+1秒後の関係を漸化式で表す。
 
(4)は難しい。(3)で出た式から不等式にもっていくこと。
 

 

【2019年に向けた対策】
まずは黄(青)チャートで基礎をしっかりと固めておき、その後プラチカなどの問題集
を使って、難易度の高い問題を解いていくこと。一つの問題にじっくりと考える習慣を
つけること。また、計算量が多いので、日ごろから素早く計算する練習をしておくこと。

 

 

4 2018年名古屋大学(文系)の国語の傾向と2019年にむけた対策

 

5 2018年名古屋大学(文系)の日本史の傾向と2019年にむけた対策

 

 

 大問4問構成で、問題Ⅰが古代、問題Ⅱが中世・近世、問題Ⅲが近代、問題Ⅳが
近世・近現代であった。時間は90分。
 論述の割合が非常に多い。また資料を読み取る問題も目立つ。記述量が多いため
時間に追われがちである。

 

問題Ⅰ 古代の儒教

問1(記述)「法隆寺金堂釈迦三尊像」「北魏様式」 
問2(記述)「沖ノ島」「船の航行の安全」
問3(記述)「多賀城」「胆沢城」「坂上田村麻呂」
問4(記述)「大学」「国学」「明経道」
問5(資料読解)「蔭位の制」
問6(記述)「大学別曹」「弘文院」
 

問題Ⅱ 鉄砲伝来

問1(資料読解)図1で答えた方が書きやすい
問2(記述)「建長寺船」「天龍寺船」「倭寇」「朝貢」「日明貿易」
問3(資料読解)
問4(記述)「関ヶ原の戦い」「大坂の変」
 

問題Ⅲ 日露戦争前後の政治・経済

問1(資料読解)
問2(資料読解)「鉄道国有法」
問3(記述)「元老」「憲政の常道」
問4(資料読解)「豊田佐吉」
 

問題Ⅳ 幕末から戦後の日本と中国

問1(用語穴埋め)「アヘン」「周恩来」「蒋介石」「日本列島改造論」
  「田中角栄」「石油危機」「福田赳夫」
問2(記述)「異国船打払令」「薪水給与令」
問3(記述)「西安事件」「日中戦争」
問4(記述)「尚巴志」「琉球」「琉球藩」
問5(記述)「日中共同声明」「日中平和友好条約」
問6(記述)
問7(記述)「ニクソン大統領」「変動相場制」
 

 

【2019年に向けた対策】
まずは歴史の全体像をつかむとよい。そのためにも歴史の漫画や通史が書かれた
参考書(できるだけページ数が少ないもの)で、最初から最後までを読み切ること。
その後は用語の暗記に入るが、ただ言葉を覚えるだけでなく、用語の周辺の文章を
しっかりと読んでおくこと。
記述問題の割合が高いため、論述式の問題集を解くことは必須。問題を解きつつ、文章
の書き方と歴史的な意義を再確認するとよいだろう。

 

 

 

とよはし練成(れんせい)塾

   小5・小6・中学生・高校生・浪人生対象の個別指導塾
 英語・数学をはじめ全教科対応しています!   

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 授業方針 コース紹介 講師紹介 無料体験授業 料金・アクセス 授業動画