英文法・語法問題ベスト400 これが入試に出る!の使い方・勉強法は?

英文法・語法問題ベスト400 これが入試に出る!の使い方・勉強法は?

インターネットでの

お問い合わせ

お電話からの

お問い合わせ

教室の場所

「無料体験授業」

 を随時行っています。当塾に

 ご興味のある方は下のボタンから

 お問い合わせください。

 

 

 

営業日 月~土 14:00~22:00

 

 夕方17:30以降は授業をして

 いるため、すぐに電話に出られ

 ない場合がございます。

 

0532-74-7739

とよはし練成塾は南消防署の

 近くにあります。

  高師台中本郷中

 校区の方は通いやすい場所に

   教室があります。

 


 

 

【動画】 英文法・語法問題ベスト400 これが入試に出る!の使い方は?

 

 

 

1 英文法・語法問題ベスト400とは?

 

「英文法・語法問題ベスト400 これが入試に出る!」とは、学研から出版されている英文法・

 

語法の問題集です。

 

著者は駿台予備学校講師の戸澤全崇先生です。

 

この本の最大の特徴は、英文法・語法問題をわずか400問に収めていることです。

 

英文法・語法の定番書と言えば、「NEXT STAGE」や「スクランブル英文法」が有名です。

 

ただこれらは問題数が1500問ぐらいあります。

 

それに比べるとわずか約4分の1の量となっています。

 

そのためにテンポよく進めることができ、途中で挫折しにくくなっています。

 

また他の特徴としては、

 

①解説が非常に詳しい
⇒1つの問題に対し3~5行ほどの解説文がある

 

②図や表が多用されておりわかりやすい
⇒時制は図、関係詞はSVOCなど文構造がしっかりと書かれておりわかりやすい

 

③CHECK!ポイントにより必要事項がコンパクトにまとめられている

 

となっています。

 

 

2 英文法・語法問題ベスト400の使用時期・難易度は?

 

①使用時期 英文法の勉強を終えた後

 

実戦用の問題集であるため、英単語や英文法の基礎は必要です。

 

最低でも英単語は「英単語FORMULA1700」の1~1000番までを、

 

英文法は「レベル別英文法問題集③」を終えてから取り組むようにしましょう。

 

 

②難易度 ☆☆☆~☆☆☆☆(5段階評価 ☆が多いほど難易度が高い)

 

問題集は少ないとはいえ、私大の過去問を集めた実践的な問題ばかりですので難易度は

 

高めです。

 

 

3 英文法・語法問題ベスト400の使い方は?

 

【1日の学習量】

 

1日に覚えるペースは20問~40問がベストです。

 

英文法の基礎があれば、このくらいのペースでさくさくと進めることができるでしょう。

 

月~金までで覚え、土・日はその週に覚えた内容を復習していきましょう。

 

 

【習得必要期間】 1ケ月~2ケ月

 

*1日40問ペースで進める場合

 

1週間目 「①動詞と文型」~「⑥関係詞」の200番まで
2週間目 「①動詞と文型」~「⑥関係詞」の200番までの☑部分(間違えた部分)のやり直し
3週間目 「⑥関係詞」201番~「⑪否定・倒置・強調・省略」
4週間目 「⑥関係詞」201番~「⑪否定・倒置・強調・省略」までの☑部分(間違えた部分)の
     やり直し
5週間目 総復習
6週間目 予備週

 

 

*1日20問ペースで進める場合

 

1週間目 「①動詞と文型」~「②準動詞」
2週間目 「③時制・助動詞」~「⑥関係詞」の200番まで
3週間目 「①動詞と文型」~「⑥関係詞」の200番までの☑部分(間違えた部分)のやり直し
4週間目 「⑥関係詞」201番~「⑨形容詞・副詞」の300番まで
5週間目 「⑨形容詞・副詞」の301番~「⑪否定・倒置・強調・省略」
6週間目 「⑥関係詞」201番~「⑪否定・倒置・強調・省略」までの☑部分(間違えた部分)の
     やり直し
7週間目 総復習
8週間目 予備週

 

 

【勉強方法】

 

①一度解いてみる

 

②解けなかった問題は問題番号の左側に☑をつける

 

③解けなかった問題は解説を読む
*解説を見ても分からない部分は参考書などを使って調べる

 

④解説部分を見ながらセルフレクチャー(自分で声に出して解説)してみる

 

⑤解説部分を見ずに再度同じ問題を解く

 

⑥解けなかった問題(☑のついた問題)は後日解けるかどうか再度確認する
⇒解けるようになったら☑を消す。そうでない場合は再度③~⑥を行う。

 

くれぐれも解説を見て理解して終わりということのないようにしてください。

 

全ての☑がなくなるまで繰り返し練習しましょう。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 授業方針 講師紹介 授業料・アクセス 動画授業 高校入試情報 大学入試情報