高校入試突破計算力トレーニングの効果的な使い方は?

高校入試突破計算力トレーニングの効果的な使い方は?

インターネットでの

お問い合わせ

お電話からの

お問い合わせ

教室の場所

「無料体験授業」

 を随時行っています。当塾に

 ご興味のある方は下のボタンから

 お問い合わせください。

 

 

 

営業日 月~土 14:00~22:00

 

 夕方17:30以降は授業をして

 いるため、すぐに電話に出られ

 ない場合がございます。

 

0532-74-7739

とよはし練成塾は南消防署の

 近くにあります。

  高師台中本郷中

 校区の方は通いやすい場所に

   教室があります。

 


 

 

【動画】 高校入試突破計算力トレーニングの使い方・勉強法は?

 

 

 

1 高校入試突破計算力トレーニングとは?

 

高校入試突破計算力トレーニングとは、桐書房から出版されている高校入試レベルの計算を

 

練習する問題集となっています。

 

簡単な足し算・引き算、因数分解・平方根・二次方程式など多くの計算の形式に慣れることが

 

できます。(一部たすきがけや平方完成など高校生向けの内容もあります。)

 

この本の特徴としては、

 

・左ページに速く計算をする方法が、右ページに計算問題がある

 

・単元ごとに制限時間が設けられており、テンポよく解かないと間に合わない

 

・1冊まるごと計算練習ができる本となっている

 

となっています。

 

 

2 高校入試突破計算力トレーニングの使用時期・難易度は?

 

①使用時期 高1から(定期テスト対策にも使用可)

 

白チャート」などの解法暗記に入る前に取り組んでおくことを勧めます。

 

センター試験では短い時間で解かなければいけません。そのため、計算力をつけておくと

 

考えることに時間に充てることができます。

 

 

②難易度 ☆(5段階評価 ☆が多いほど難易度が高い)

 

問題の解き方はさほど難しくありませんが、計算力がないと制限時間内に解き切るのが

 

結構難しいです。

 

 

3 高校入試突破計算力トレーニングの使い方は?

 
【やっておくべき単元】 

 

全ての単元を解く必要はありません。

 

個人的にやっておいた方がいい単元は以下の通りです。

 

1 通分(14~15ページ)
2 通分(16~17ページ)
3 通分(18~19ページ)
5 通分(22~23ページ)
6 通分(24~25ページ)
7 1次方程式(26~27ページ)
8 1次方程式(28~31ページ)
12 指数(42~43ページ)
13 乗除(44~45ページ)
16 乗除(50~51ページ)
20 展開(62~63ページ)
21 展開(64~65ページ)
22 展開(66~67ページ)
24 因数分解(70~71ページ)
25 因数分解(72~73ページ)
27 平方根基礎(78~79ページ)

29 平方根の積(82~83ページ)
30 平方根簡約(84~85ページ)
31 平方根の積(86~87ページ)
35 分母の有理化(94~95ページ)
36 分母の有理化(96~97ページ)
37 比の値(100~103ページ)
38 特別な三角形(104~105ページ)
39 三平方の定理(106~107ページ)
42 平方完成(114~115ページ)
43 平方完成(116~117ページ)
44 二次方程式(118~119ページ)
46 二次方程式(123~125ページ)
47 二次方程式(126~127ページ)

 

全29単元となります。

 

 

【1日の学習量・習得必要期間】

 

1日に取り組むペースは1~2単元がベストです。

 

1単元であれば10~20分、2単元であれば20~40分で終わります。

 

また習得期間は 半月~ケ月くらいかかるとみておきましょう。
 

 

【勉強方法】

 

①左ページの解き方を読み、速く計算ができるテクニックを身につける

 

②右ページの問題を解く。ストップウォッチを使って時間を計ること。

 

③答え合わせをする

 

④間違えた問題は再度解き直す。

 

⑤制限時間内に収まるまで何度も練習する。

 

 

【注意点】

 

単元によっては何回も解くことになるため、事前に問題部分をコピーしておくことを

 

勧めます。

 

そしてコピーした用紙に計算を書き込むようにしてください。

 

本自体が少し小さいですので、できれば少し拡大してコピーしておくとより計算しやすく

 

なります。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 授業方針 講師紹介 授業料・アクセス 動画授業 高校入試情報 大学入試情報