平成30年度(2018)愛知県公立高校入試B日程問題分析

【高校受験】平成30年度(2018)愛知県高校入試B日程問題分析

高校生が模試で学年1位!


中学生前期内申全員アップ!



とよはし練成(れんせい)塾


TEL 0532-74-7739


14:00~22:00(日は除く)





平成30年度愛知県高校入試B日程分析

 

 

 豊橋市の個別指導型学習塾「とよはし練成塾」の西井です。当塾は高校受験対策に評判のある個人塾です。

 

今回は「平成30年度(2018)愛知県高校入試解答速報(B日程)」についてみていきます。

 

【動画】 平成30年度(2018)愛知県高校入試B日程の分析|豊橋の個別指導型学習塾

 

 

勉強法・入試情報・授業動画満載!

 

チャンネル登録はこちら!

 

 

難易度は易・標準・やや難・難の4段階で表しています。また2点問題は【2点】がついています。

 

1 国語

 

大問1(論説文)→標準

 

(1)正解はAが「オ」、Bが「イ」、Cが「ウ」。Aは「しかし」が直後にあるので、「たしかに」。Bは「その通りだと思うか。」「それともそこまで考えずにそんなものだろうといってすませてしまうか。」となる。Cは前後で逆のことを言っているので「しかし」が入る。

 

(2)正解は「イ」。第2段落前半参照。

 

(3)正解は「活字メディアは、受け手のペースで読むことができ、情報や知識と格闘する時間を与えてくれるので、複眼思考を身につけるうえで格好の トレーニングとなる。」。第3段落で「情報と知識の格闘の時間を与えてくれる」「受け手のペースに合わせてメッセージを追っていく」「複眼思考を身につけるうえで、こうした活字メディアとの格闘は格好のトレーニングとなる」をまとめる。【2点】

 

(4)正解は「エ」。第5段落参照。

 

(5)正解は「ウ」と「オ」。全体の文構造について問われた。【2点】

 

 

大問2(漢字・語句)→標準

 

(1)① 正解は「ゆだね」。使い慣れていないと難しい。

 

(1)② 正解は「講演」。「公園」「公演」「後援」など同音異義語がいくつかあるため難易度は高い。

 

(2)正解は「エ」。「ジュウコウ」の漢字が分かれば、さほど難しくない。

 

 

大問3(小説文)→標準

 

(1)正解は「ウ」。第2段落の最後の3文が根拠となる。

 

(2)正解は「イ」。第3段落前半~中盤のムササビの例が根拠となる。

 

(3)正解は「エ」。第4・第5段落を読む。

 

(4)正解は「ア」。選択肢イ・ウ・エは「ない」を「ぬ」に置き換えることができる。

 

(5)正解は「ア」。第6段落と第7段落のつながりをおさえる。【2点】

 

(6)正解は2番目が「ウ」、4番目が「イ」。オウアイエの順番となる。【2点】

 

 

大問4(古典)→標準

 

(1)正解は「イ」。イの「のきたる」は「退きたる」と書き、主語が 「分別のよき人」となる。

 

(2)正解は「ア」。「さは」は指示語。前の「定めて違ひたる理の有ることするらめ」を表す。

 

(3)正解が「理筋を違へずいふ」。正しいことを筋道を立てて話すことのできる人を指している。

 

(4)正解は「エ」。最後の一文(かように無分別にて~)を読めば解答に導くことができる。

 

 

2 数学

 

全体的に難易度は高い

 

大問1(計算)→(1)~(5)はやや易、(6)以降は標準

 

(1)正負の数の計算。難しくない。

 

(2)文字式の乗除。指数の計算に注意。

 

(3)平方根の計算。√3+1=Aとおいて計算すると速い。

 

(4)因数分解の計算。一度展開してから因数分解をすること。

 

(5)二次方程式の計算。解の公式を使って求める。 【やや難】

 

(6)一次方程式の文章題。「見込み額」があるため式を立てるのが難しい。 【やや難】

 

(7)二次関数の変化の割合。y=3xの傾き「3」を使う。

 

(8)確率。樹形図を書いて一つ一つ確実に数えること。

 

(9)相似。△ADEと△ABCの相似比を求めてから、DBの長さを求める。

 

 

大問2(確率・証明・関数)→やや難

 

(1)相似な立体の体積比。一度長さの比に戻してから改めて体積比にもっていく。

 

(2)資料の整理。選択肢6つ中正解が4つあるので正解率は低めか。ただ誤答のイとエを見つけるのはさほど難しくない。【2点】

 

(3)一次関数の文章題。平行四辺形の面積=△DCEの面積が等しいことを使う。またEの座標を(a,a-1)として求める。【2点】

 

(4)①グラフの応用問題。問題文の意味が分かれば難しい問題ではないが読み取る力が必要。【やや難】

 

(4)②作図問題。x=1,2,3・・・のときの対応するyの値を1秒ずつ考えると作図しやすい【2点】

 

 

大問3(図形)→標準

 

(1)円の角度。円周角の定理より∠ADB=58°であることがわかれば難しくない。

 

(2)①相似の問題。相似な三角形を見つけ、相似比を使って求める。

 

(2)②図形の面積比の問題。各辺の長さの比を使って四角形HFGIの面積を求める。

 

(3)①球の表面積を求める問題。公式S=4πrの2乗を知っていればできる問題。

 

(3)②正三角柱の体積を求める問題。正三角形に球が接していることを見抜く。また正三角形の一つの角が60度であることから、1:2:√3の直角三角形を使って正三角形の一辺の長さを求める。

 

 

3 社会

 

大問1(歴史)→標準

 

(1)正解は「イ」。Ⅰの①に「守護」とあるので鎌倉時代の話と分かる。

 

(2)正解は「C」。Ⅰの②は江戸時代の武家諸法度。

 

(3)正解は「万葉集」。Ⅰの③に「口分田」とあるので、飛鳥~奈良時代と読み取る。

 

 

大問2(歴史)→標準

 

(1)正解は「ア」。①は絵から「工場制手工業」と判断する。②はイギリスで世界で初めて産業革命が起きた。③はマルクスは社会主義を支持し、資本主義を批判した。

 

(2)正解は「イ」。官営模範工場ができたのは明治初期。

 

(3)正解は「イ」と「エ」。ア→イ→エ→ウとなる。

 

(4)正解は「オ」。Xは1940~50年に急に下がっており農地改革が行われ、小作人の数が減少したことを読み取る。Yは時代が経つにつれ、徐々に減少しているので農業就業者の占める割合のグラフと判断する。

 

 

大問3(日本地理)→やや難(少し問われる知識が細かいため)

 

(1)正解は「エ」。表のAは「宮城県」(県内総生産が多いため)、Bは「岩手県」(面積が広いため)、Cは「青森県」、Dは「秋田県」(林業産出額が多いため)。また円グラフではBの岩手は「畜産」、Cの青森は「果実」、Dの秋田は「米」の生産が盛んであることを読み取る。

 

(2)正解は「イ」。Aは宮城県だが選択肢ア~エはいずれも東北地方・北海道を表しているため、正解にたどり着くのが難しいか。

 

(3)正解は「シ」。教科書の知識を問う問題。どこでどのような祭りが行われているかを知っている必要がある。

 

(4)正解は「やませという北東の風が吹く」(記述問題)。やませの意味をきちんと知っているかが問われた。【2点】

 

 

大問4(世界地理)→標準

 

(1)AはNAFTA、BはEU、CはASEAN。Aの答えはウ、Bの答えはオ、Cの答えはカとなる。【2点】

 

(2)正解は「エ」。Yの棒グラフの方が判断しやすい。①はEU(B)、②はASEAN(C)、③はNAFTA(A)

 

 

大問5(公民)→標準

 

(1)正解は「エ」。資料の数字をしっかりと読み取っていけばできる。

 

(2)正解は「ウ」。選択肢「エ」が切りにくいが、「ウ」が答えであることは分かる。

 

(3)正解は「ア」。aは「アメリカ」(額が最も多いため)、bは「ドイツ」、cは「日本」(アジアへの割合が多いため。)

 

(4)正解は「安全保障」。少し思いつきにくかったか。

 

 

大問6(公民)→やや易

 

(1)正解は「エ」。aさんとbさんの会話からしっかりと読み取る。

 

(2)正解は「与党」。確実に正解したい。

 

(3)正解は「ア」。「総議員の3分の2以上」を知っているかどうかできまる。

 

 

4 理科

 

全体的に易しめの問題が多かった。実験の手順・注意点を抑えておく必要がある。作図問題が2題出題された。

 

大問1(小問集合)→標準

 

(1)正解は「ウ」。音の問題。実験の②では、木片の位置を右にずらしたため弦の長さは長くなり、音は低くなる。また、強くはじいているので音の大きさは大きくなる。一方、実験の③では、張る強さを大きくしたので音の大きさは大きくなり、かつ強くはじいているので音の大きさは大きくなる。

 

(2)正解は「エ」。人間の組織の問題。腎臓と肝臓の働きを知っていれば解ける。

 

 

大問2(生物)→標準(細胞分裂)

 

(1)正解は「ウ」。子房の場所を覚えていればできた問題。

 

(2)正解は「オ」。顕微鏡を使った実験の注意点を覚えておく。

 

(3)正解は「C」。ADCEBの順。

 

(4)正解は「イ」。細胞分裂は根の全体(先端中心)で行われ、分裂した細胞が大きくなる。

 

 

大問3(化学)→標準(イオンと電気分解)

 

(1)正解は「ク」。銅は‐から、塩素は+から発生する。

 

(2)正解は「0.85g」。電流の大きさが1.0Aのときの数字を使う。17分の時は0.34g銅が発生する。この数字に2.5Aをかけると0.85gが出る。

 

(3)正解は「BaSO4」。水酸化バリウム+硫酸→硫酸バリウム+水となる。

 

(4)正解は「ア」。最初硫酸イオンは水溶液中にあるバリウムイオンとくっつくが、やがてバリウムイオンがなくなると、その後は増え始める。

 

 

大問4(物理)→標準(電流)

 

(1)正解は「2.5A」→オームの法則を使って求める。

 

(2)問題文にある2つのグラフは2.0Ωと10Ωのもの。水の上昇温度が4度の時、2つの導線による上昇温度が5倍の関係になることを読み取る。

 

(3)正解は「キ」。抵抗が小さいほど、電流が流れやすくなり、その影響で電力量も上がる。

 

(4)正解はⅠは「ア」、Ⅱは「キ」。実験2では2.0Ωの電熱線に直列で3.0Ωの抵抗をつないでいる。そのため電熱線にかかる電圧は少なくなり、2.0Vとなる。次にオームの法則で実験2にかかる電熱線の電流は2.0V÷2.0Ω=1.0Aと出る。これらから電力量を求めると(Ⅰ)は出る。また(Ⅱ)は図2から経過時間5分のときの2.0Ωの電熱線での上昇温度を求めると、7.5度となる。これに(Ⅰ)で求めた0.16倍を掛けると、実験2では5分間で1.2度上昇したことがわかる。【2点】

 

 

大問5(地学)→標準(地震)

 

(1)正解は「主要動」。知識問題であるため確実に正解したい。

 

(2)正解は「0.6倍」。表からP波の速度を求める。地点C→Aは60km進むのに12秒かかっている。このためP波の速さは5km/sと分かる。次に地震発生時刻を求めると、地点Cの時刻から12秒(60km÷5km/s)を引けばいいので、9時45分22秒となる。あとはS波の地点Aの時刻から地震発生時刻を引くと40秒と求まり、P波の24秒とS波の40秒を比較する。

 

(3)震源からの距離30kmまでは原点から横線を引く。問題文から緊急地震速報がつく時間は9時45分28秒+4秒=9時45分32秒。ここから地点AにS波がつく時間は9時46分02秒なので30秒の時間差がある。【2点】

 

(4)正解は「カ」。太平洋側のプレートが大陸側のプレートの下にある。

 

 

大問6(小問集合)→標準

 

(1)正解は①は「イ」、②は「B」。星の日周・年周運動の問題。星は東→南→西、もしくは北では反時計回りに動いているように見える。

 

(2)正解は「イ」と「エ」。エタノールの沸点の問題。イは密度=質量÷体積を知っているかどうか。エはエタノールの沸点は78度なので、90度では気体になっている。

 

 

5 英語

 

リスニング

 

第1問

 

(1)正解は「b」。いつから風邪を引いたのかを問う会話。

 

(2)正解は「c」。ハンバーガーを注文する場面。次に何を話せばいいかについて聞いている。

 

(3)正解は「a」。電車を乗り換えたいと話す場面。次に何を話せばいいかについて聞いている。

 

第2問

 

(1)正解は「a」。ケンがいつロンドンに引っ越したのかを尋ねる文。ケンは今15歳で、10年前にロンドンに引っ越したとある。

 

(2)正解は「d」。なぜケンが日本語を勉強しているのか、その理由を尋ねる文。

 

 

筆記

 

大問1(自由英作文)→やや難

 

昨年度より英作文の書く自由度が減った。あらかじめ問題文に理由を2つ書くように指示されている。主語+動詞の文構造、前置詞の付け忘れなどに注意。【2点】

 

 

大問2(英作文)→標準:慣用表現(熟語)を問う割合が多い。

 

①正解は「were」と「running」。過去進行形「be動詞+動詞ing形」であることを抑えておく。またrunのing形は「running」と「n」が一つ増えることに注意!

 

②正解は「is」と「famous」。「be動詞+famous for~」で「~で有名である」

 

③正解は「both」と「and」。「both~and~」で「~と~と両方とも」

 

大問3(長文読解)→標準

 

(1)正解は「ア」。①の文の最初が「But」から始まるため、前文と逆の内容であることが分かる。

 

(2)正解は「kept」。(A)の前にhaveがあるため、現在完了の文法であることは分かる。消去法でkeptを選ぶことができるようにしたい。

 

(3)正解は「Now, 【more and more foreign people are coming to Japan every 】year.「more and more」で「ますます多くの」、「are coming」で現在進行形。例年の並び替えよりは易しい。

 

(4)正解は「ウ」。本文2段落目に学芸員の仕事について書いてある。

 

(5)正解は「イ・オ・カ」。イは第3段落、オは第5段落、カは最終段落に書いてある。

 

 

大問4(会話文)→標準

 

(1)正解はbが「オ」、dが「イ」。新傾向。会話の途中でa~eがちりばめられている。こちらの方が解きやすい。

 

(2)正解はアが「spoke」、イが「enjoy」。アは次のJamesの文の「slowly」がヒントになる。イは前に「can」、後ろに「seeing」とあるので動名詞が入ることが分かる。

 

(3)正解は「エ」

 

(4)正解はXが「stay」、Yが「season」。Xは本文3行目参照。YはメールのYの前文「Now it`s fall here.」がヒントになる。【2点】

 

 

 とよはし練成塾では、充実した高校入試対策を行っていきます。基礎固めから始め、全国入試問題正解を使った過去問演習及び解説、そして入試直前に愛知県の過去問を解き得点力を上げる指導をしています。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 



とよはし練成(れんせい)塾

【対象学年】

小5・小6・中学生・高校生対象の個別指導塾

*英語・数学をはじめ全教科対応!

【住所】 

愛知県豊橋市曙町字南松原160

曙ヒルトンハイツB棟106

(南消防署、マツヤデンキさんの近く)

【電話】

0532-74-7739

受付時間13:00~22:00(日曜休み)



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ コース紹介 講師紹介 無料体験 料金・アクセス 授業動画 塾ブログ