豊橋の個別指導型学習塾(小5~中学生・高校生対象)|高師台中・本郷中の近くにある塾

大学入試対策(私立文系)

国語力を鍛え他教科の力も高める塾



とよはし練成(れんせい)塾


TEL 0532-74-7739


14:00~22:00(日は除く)





大学入試対策

(私立文系)

 

 

 

 

 私立文系大学を受験する場合、受験科目は「英語+国語+社会(数学)」となって
います。志望大学に合格するかどうかのポイントとしては、

 

 ①英語の基礎力(英単語・英文法・英文解釈)がどの程度あるか?

 

 ②英文をどのくらい速く読むことができるか?

 

 ③現代文は得意かどうか?

 

 ④古文の基礎力(古文単語・古典文法)がどの程度あるか?

 

 この4つのポイントの定着度により、受験勉強のスタートラインが決まります。
特に英語の基礎力があるかどうかで、受験勉強に必要な時間が変わっていきます。

 

 また私立文系の場合、暗記が中心となってきますので、努力をした分が点数に反映
されやすくなっています。

 

  ◆対象大学◆

 

 南山大学・中京大学・名城大学・愛知大学・愛知学院大学・名古屋外国語大学
 中部大学・日本福祉大学・愛知淑徳大学・金城学院大学・椙山女学園大学
 豊橋創造大学・志学館大学・大同大学・愛知工業大学・名古屋学院大学
 藤田保健大学・常葉大学・名古屋学芸大学・立命館大学

 

 


◆指導法◆

 

①英語【個別指導形式】

 

ア 英単語の暗記

 

・使用教材

 

「FORMULA中学英単語1400」

 

「FORMULA英単語1700」

 

 大学入試対策で中心となるのは長文読解です。そして長文を読むことができるように
なるには、英単語の意味を覚えることが必要です。そのため、最初にすべき勉強は
英単語の暗記」となります。

 

 とよはし練成塾では「FORMULA英単語1700」を使い、英単語の暗記を行っていき
ます。この単語帳は前半1~1000番までがセンター試験レベル、1001~1700番までが
大学入試レベルとなっています。

 

 そのため最初はセンターレベルの1000個の英単語を覚えていくところから始めます。
具体的な順番としては、

 

①覚えているかどうかチェック

 

②覚えていない英単語を覚え直す

 

③後日、②の英単語を覚えているかどうかを確かめる

 

 となります。繰り返し暗記を続けることで語彙力を上げていきます。

 

 

イ 文法の理解

 

・使用教材

 

「大学入試肘井学のゼロから英文法が面白いほどわかる本」

 

 英単語の暗記と同時に英文法の理解を行っていきます。長文を読むことができるよう
になるには、文構造の理解が必要です。そこで、「肘井学のゼロから英文法が面白い
ほどわかる本」を使って、比較・助動詞・仮定法といった内容を理解していきます。

 

 この本の使い方としては、

 

①左ページの内容を読む

 

②右ページの問題を解く(左ページを見ながらでもOK)

 

となっています。早い時期から高校英文法の内容を理解することで長文読解の理解度を
高めることができます。

 

 

ウ 英文解釈の理解

 

・使用教材

 

「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく」

 

 英単語・英文法の知識を固めた後は、英文解釈に取り掛かっていきます。英文解釈
は文の構造(SVOC)を正確に理解することです。「高校英文読解をひとつひとつ
わかりやすく」を使って、さまざまなパターンの文を理解する練習を行っていきます。

 

 文を正確に理解できないと、和訳問題や内容説明などの問題で高得点を取ることが
できません。「正しく読める」→「速く読める」の順に英文に取り掛かっていくことが
大切になっていきます。

 

エ 長文読解の音読

 

・使用教材

 

「速読英単語中学版」(英語が苦手な生徒)

 

「大学入試英語長文ハイパートレーニング1」

 

「大学入試英語長文ハイパートレーニング2」

 

「英検準2級問題集」

 

「英検2級問題集」

 

 英単語、英文法、英文解釈で英語の基礎を固めた後は、いよいよ長文読解の練習に
取り組んでいきます。ここでは1つの英文を繰り返し読んで、「速読」力を高めて
いきます。センター試験や私大・国公立の問題では長い文章を短い時間で読み切る力が
求められます。

 

 そして速読力を高めるためには、音読が大切になってきます。また音読用の教材は
音声CDがついたものを使っていきます。ただ、声を出して読むだけではなく、音声CD
を聞くことでリスニング力も同時に高めていきます。また、音読のやり方は、

 

①和訳を確認する

 

②一文ずつ音声CDを聞く

 

③英文と和訳を交互に読む

 

*①~③までで「英文の文章の確認」、「発音・アクセントのチェック」ができます。

 

④ストップウォッチを使い何秒で読むことができるかを確認する

 

という順で行っています。文章を速く読むことができればできるほど、英文を読む力が
アップしていきます。また宿題で1日30分程度英文を読むことを宿題としています。

 

 

オ 文法・語法問題対策

 

・使用教材

 

「UPGRADE英文法・語法問題」

 

 私大の入試では、文法・語法問題が多く出題されます。そのために英文法・語法の
問題集を1冊完璧にすることを心がけています。塾の教材としてはアップグレードを
薦めていますが、「ネクステ」や「スクランブル英文法」などを使っている学校も
あるため、そちらが使いやすい場合はその教材を使っていくことにしています。

 

 これらの問題集は問題数が多いため、毎日50~100題のペースで解くことが求められ
ます。また間違えた問題や知識があやふやな問題は右ページにある解説を読んで理解
をします。(それでも分からない場合は文法書などで確認します。)

 

 英文法・語法問題は覚えればそれだけ得点源になりますので、長文読解対策と同時
進行で行っていきます。

 

 

カ 過去問演習

 

・使用教材

 

「センター試験英語過去問」

 

「志望大学の赤本」

 

 単語を覚え、文法を理解し、速読をして英文を速く読むことができるようになっても、
それだけで問題ができるようになるとは限りません。私大の問題では、選択問題が多い
ため、正しい選択肢を選ぶ練習をする必要があります。

 

 そして正しい選択肢の選び方としては、

 

①4択(5択)のうち、確実に違うものを1~3つ見つける

 

②残った選択肢を見比べ、本文中にその根拠を見つける

 

③解答・解説を読み、自分の選んだ根拠が正しいかどうかを確かめる

 

 となっています。またセンター試験の英語の過去問を使う理由としては、全訳が
ついている、問題数が多い、解説が詳しいというのが主な理由です。

 

 

②国語【個別指導形式・集団授業形式】

 

【現代文】

 

・使用教材

 

「全国大学入試問題正解(私立大学編)」

 

 私大の国語では「現代文のみ」もしくは「現代文+古文」の出題が多いです。いずれに
しても現代文ができないことには合格が遠のいてしまいます。とよはし練成塾では、
要約を行うことで文と文のつながりや段落ごとのつながりを、筆者の主張をつかむ練習
を行っています。

 

 詳しくは「高校生現代文・小論文対策講座」をご覧ください。

 

 

【古文】

 

・使用教材

 

「高校古文単語をひとつひとつわかりやすく」

 

「古典文法マスタードリル」

 

「古文読解をはじめからていねいに」

 

「古文上達基礎編」

 

 古文が読むようになるには、基礎知識(古文単語・古典文法・古文常識)の定着と
古文の音読練習が必要になってきます。古文には話のパターンがありますので、数多く
の文章を読んで文の流れを押さえることが大切になっていきます。

 

 

 

③社会【個別指導形式】

 

 社会(日本史・世界史・現代社会・政治経済)は授業では用語を覚えたかどうかをチェックします。私大の場合は用語をしっかりと覚えたあとは過去問演習に取り
掛かれば十分に合格ラインに達します。

 

 

 

 

 



とよはし練成(れんせい)塾

【対象学年】

小5・小6・中学生・高校生対象の個別指導塾

*英語・数学をはじめ全教科対応!

【住所】 

愛知県豊橋市曙町字南松原160

曙ヒルトンハイツB棟106

(南消防署、マツヤデンキさんの近く)

【電話】

0532-74-7739

受付時間13:00~22:00(日曜休み)



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ コース紹介 講師紹介 無料体験 料金・アクセス 授業動画 塾ブログ