豊橋の個別指導型学習塾(小5~中学生・高校生対象)|高師台中・本郷中の近くにある塾

中2カリキュラム

国語力を鍛え他教科の力も高める塾



とよはし練成(れんせい)塾


TEL 0532-74-7739


14:00~22:00(日は除く)





中2カリキュラム

 

 

 

 中2になると英語・数学のできる人とそうでない人の差が出だします。そうなって
しまう原因の一つが、「前学年までの内容の理解度不足」です。中1までの内容を
しっかりと理解していないと、中2以降で習う内容の理解に支障が出てきます。

 

 また英語・数学は積み重ね教科であるため、全員が同じ内容を学ぶ集団授業では
不向きの科目です。とよはし練成塾ではお子様の学力に応じて「個別指導」形式で授業
を行っています。

 

 中2のうちから苦手単元の克服や先取り学習を進めておくと、中3になったときに
授業進度に余裕が出てきます。 

 

 


◆指導法◆

 

①英語【個別指導形式】

 

 

ア 教科書ガイドを使った音読

・使用教材「教科書ガイド中2」

 

 定期テストは教科書の内容から出題されます。また出題形式としては、リスニング・
和訳・並び替え・指示語の説明・内容把握など実にバリエーション豊かなものとなって
います。これらに対応する最良の方法は、教科書の内容をマスターすることです。

 

 そして教科書の内容をマスターするには、教科書の本文を声に出して読む、つまり
音読が必要になってきます。

 

 とよはし練成塾では「教科書ガイド」を使って音読練習をしています。この教材は教科書本文の和訳が載っているため、文章の意味を理解することができます。また音読の
方法としては、

 

①和訳を確認する
②一文ずつ音声CDを聞く
③英文と和訳を交互に読む
*①~③までで「英文の文章の確認」、「発音・アクセントのチェック」ができます。
④ストップウォッチを使い何秒で読むことができるかを確認する

 

という順で行っています。文章を速く読むことができればできるほど、英文を読む力が
アップしていきます。また宿題で1日30分程度英文を読むことを宿題としています。

 

 また、音読のやり方は3段階あります。
①英文を見ながら音読
②英文を隠し、日本語訳をヒントに音読
③何も見ずに音読

 

 最終的には③のレベルまでいくと、英文の内容がほぼわかるようになっていきます。
その後は「書く」練習を行い、スペルミスなどをなくすようにしていきます。

 

 

イ 文法の理解

 

・使用教材「フォレスタ中2英語(塾専用教材)」
     「とよはし練成塾オリジナルプリント」

 

 音読と同時に必要なのが文法の理解です。ここではとよはし練成塾オリジナル
プリントを使い、授業を行っています。授業の流れとしては、

 

①文法の内容を説明
②定義や公式などを暗記
→例「受け身は( 1 主語+be動詞+過去分詞~ )で成り立つ」のカッコ部分を
覚える。同時にプリントにある例文も覚える。
③定義や公式、例文を覚えたかどうかをチェック
④プリントの下にある誤答問題を解く
*誤答問題とは「彼はテニスをします」という文であれば、「He play tennis.」と
いうようにあえて文法的に間違った文を載せ、どこが間違っているかを見つける問題
です。(正解は「He plays tennis.」で文法を本当に理解していないとできないように
してあります。)
⑤フォレスタ(塾専用教材)を使い実践演習を行う

 

となっています。①~④まででしっかりと文法を理解していれば、⑤の問題演習で
間違えることはあまりありません。

 

 

ウ 単語・熟語の暗記

 

・使用教材「フォレスタ中2英語(塾専用教材)」

 

 定期テストでは単語や熟語の問題がしばしば出ますので、単語や熟語の暗記は不可欠
です。しかし、最初からこれらの学習をしてもなかなか覚えられないのが現状です。
そこで当塾では、音読20回を終えた後に随時英単語の暗記を行うようにしています。

 

 

エ 学校のワーク・プリントを解く

 

・使用教材「各学校で使う英語のワーク・プリント」

 

 ア~ウで英語の基礎力がついているため、ここからは実践演習に入っていきます。
定期テストでは塾のワークではなく、学校のワーク・プリントから出題されます。
そのため、テスト直前期は学校のワーク・プリントを徹底復習をしていきます。

 

 しかし、学校のワーク・プリントは全てを解こうとすると時間が非常にかかります。
そのため特に繰り返し解いてほしい問題に〇をつけ、そこを何度も繰り返し解くように
しています。

 

 

 

②数学【個別指導形式】

 

 

・使用教材「フォレスタ数学中2(塾専用教材)」
     「学校のワーク・プリント」

 

 数学はお子様の学力によって指導方法が大きく変わっていきます。

 

A 数学が得意な場合

 

 数学が得意な場合は、塾で予習をどんどんと進めていきます。そして定期テスト
3週間前からはテスト対策を行います。普段の予習ではフォレスタ(塾教材)を使い
ますが、テスト前は学校のワークに切り替えます。

 

 その理由としては、テストの内容は学校のワーク・プリントから出題されるからです。
学校のワークを使い、重要問題や応用問題を解いてもらい実践力をつけていきます。

 

 また中3の夏以降入試対策に取り組むことができるように、学年を超えた授業
を行うこともあります。(例 中1時に中2・中3の内容を行う)

 

 

B 数学が苦手な場合

 

 数学が苦手な場合は、「どこからつまづいているか?」を把握するところから始め
ます。例えば、中2の一次関数が苦手だとすると、その原因が中1の比例・反比例の
理解度不足にあることが多いです。ですので一度前の学年の復習を行ってから、
その学年の内容に取りかかっていくようにしています。

 

 また数学が苦手なお子様の場合は、平均点前後の点数を目標とした指導を行います。
そのため基本的な部分(計算など)に絞って、そこを何度も学習することで数学の土台
をつくっていくようにしています。

 

 そのため塾での指導は「基本事項の習得+復習」が中心となります。

 

 

 

③国語【集団授業形式】

 

 詳しくは「中学生国理社集団授業」をご覧ください。

 

 

 

 



とよはし練成(れんせい)塾

【対象学年】

小5・小6・中学生・高校生対象の個別指導塾

*英語・数学をはじめ全教科対応!

【住所】 

愛知県豊橋市曙町字南松原160

曙ヒルトンハイツB棟106

(南消防署、マツヤデンキさんの近く)

【電話】

0532-74-7739

受付時間13:00~22:00(日曜休み)



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ コース紹介 講師紹介 無料体験 料金・アクセス 授業動画 塾ブログ